ブログ

速さ 地面と足との距離の重要性

足を地面から話すことは

身体にとって非常にリスキーです。

 

地面から離れた足は、当然また地面に戻さなければいけません。

離れた足が地面から離れれば離れるほど

その分の衝撃を受け止めなければなりません。

 

もちろん、例え離れたとしても、

衝撃を受け止めないようにすることもできます。

 

それは、ゆっくりと下せば良いだけです。

しかし、それではスピードは損なわれます。

 

つまり、身体への負担を減らしつつ、速く進むには

地面から足が離れるのは極力抑えたい。

 

だから、競歩の技術はウォーキングも大切ですが

ランニングにも応用できるんです。

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーキングを食べる⑦ どうカロリー補給をするか?その…
  2. 3分45秒で1kmを「歩け!」
  3. 寒い→暑い 暑い→寒い どっちが身体への負担が大きい?
  4. 報道されないなら、どうすれば良いのか考える
  5. 2017世界陸上 メダルへの道④ わずか1~2㎝の高さ わずか1…
  6. 速く 楽に ウォーキングするために テン6対策⑥ 足を運ぶ
  7. いよいよ、スタート!男子20㎞競歩
  8. 100㎞ウォーク 練習メニュー(最終回:まとめ)
PAGE TOP
PAGE TOP