ブログ

クマの古道を歩く

熊野古道に行ってきました。

独りで2日間をつかって伊勢路側の3コースを周ってきました。

見知らぬ土地をウォーキングするのは楽しいもんです。

 

「熊野古道」というだけにコースは山中

しかも、海が近い伊勢路なので標高もせいぜい500mくらい

坂は多いですが、距離的にも長くなかったので

サクッと登れるものでした。

 

しかし、それでも嫌なものがあります。

それは「熊情報の看板」

 

以前にもブログで書いたことがあると思うのですが

合宿中に熊に追いかけられたことがあります。

無事に逃げ切りましたが・・・

ですから、山中で熊に会うイメージは容易に想像が尽きます

 

もちろん、ちゃんとしたクマ除けの鈴は持っているので

山に入るときの必須アイテムですが、平らなところを歩いていて

鈴の鳴りが悪いと、つい手にもって余計に大きく鳴らしたりもします(笑)

 

とは言え、そこは熊野古道

つい古の人たちに思いを馳せます。

「それこそ、クマ除けは昔の人はどうしていたんだろうか?」「クマに襲われた案件も少なくはなかったろう」

「それでも、こんな古道を作り・保存しつづけてきたのか?」

など、結局は頭の中ではクマから逃れることができずに、ウォーキングしていたので

古道を歩いているときは、ずっとクマの事ばかりを考えていました(笑)

 

これからの季節、山の中に入る人は

クマとハチにはくれぐれもお気をつけて

Follow me!

関連記事

  1. 競歩トップ女子選手にみる「競歩の腕振り」
  2. ウォーキング 湿度対策で持っていきたいもの
  3. ドーピングは、一般の人の方がアスリートより一般的
  4. 競歩講習会 チャリティーで開催! 入金のご報告
  5. 50㎞競歩最後1枠を決める最大ポイント!!どのラップで5㎞20分…
  6. 世界陸上ロンドン大会の競技スケジュールの持つ【深い】意味
  7. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  8. 競歩式ランで学べる最大のポイント
PAGE TOP
PAGE TOP