ブログ

競歩のモーションキャプチャーから分かること①

競歩のサイエンスで、モーションキャプチャーをしてきました。

マーカーを身体に付け、

「徒歩」を3つのスピードで。「競歩」を2つのスピードで。

 

20mぐらいの範囲を、行ったり来たりします。

その途中で、反力(地面にかかる圧力と強さ)を計測できる板の上を歩くので

どれぐらいの圧力が、どの方向に掛かっているのか?が計測します。

 

時速15㎞の競歩のモーションキャプチャーで、研究者の方が驚いていたのは

〇「頭の位置がほとんど動かずに前に進むこと」

これはランニングでも、ウォーキングでも無いそうです。

〇「膝の屈曲幅が小さいのに大きなストライドを産んでいる」

これも、ランニングとウォーキングではあまりみられない点だそうです。

 

頭の位置が変わらないので、力が上下に逃げずに、スムーズな前進移動が出来る

そして、大きな歩幅を産むために

肘が高い所まで引けています。

モーションキャプチャーでも、肩からひじのラインが地面と水平になっている

というのが、よくわかると思います。

※もちろん、本人の感覚では力任せで肘は引いてません。

 

1か月後ぐらいに、動作分析のフィードバックをしてもらえるので

楽しみにしています。

それまでも、ちょいちょい研究者に言われたことをブログに上げていきます。

 

もちろん、「自分のウォーキングスピードを・・・」も更新したいと思ってますし

講習会レポートも書きたいし、各イベント魅力も・・・

書きたいことは山積してます。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩式ランでの身体の使い方 簡単にできること
  2. クマの古道を歩く
  3. 全3回競歩講習会でのフォーム撮影は、難しく・楽しく・ためになる
  4. 講習会in福岡 2日目 無事終了
  5. アスリートにとって一番必要な才能は「自分を信じる力」(2020年…
  6. ロシアの平昌五輪出場停止に想う
  7. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  8. 走ると、どうしても「膝」が痛くなる方へ
PAGE TOP