ブログ

前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)

blogでもたまに書きますが、

ウォーキングをするときに、「後ろへの歩幅(ストライド)」を大きく広げましょう!

を、勧めています。

 

しかし、「後ろへの歩幅」と聞いて、ピンときて理解できる方と

ん?

と思われる方もいるようで・・・

ひょっとしたら理解できている方の中でも、勘違いをしている方もいるかもしれませんので

ちょっと、整理したいと思います。

 

前に一歩踏み出し、前に足を着地してストップ

その姿勢を横から見たときに、身体を中心にして、

前に踏み出して着地している足と、身体を蹴りだして後ろに残った足とで

逆さYの字のようになると思います。

 

そして、【身体を中心】として、

前に踏み出してる歩幅を「前の歩幅」

身体から後ろの足までに広がる歩幅を「後ろへの歩幅」

となるのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 3月に理学療法士の先生と講演をします!
  2. 速く歩こうとして、つい陥る「罠」
  3. WEB講習会、無事に終了!
  4. とにかく、スポーツを観まくってます。TVですが。
  5. ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧
  6. 世界陸上、解説グッズ到着
  7. ウォーキング講習会in塩谷 2回目のレポートをして頂きました!
  8. 競歩 講習会in代々木公園(チャリティー) 2019年11月
PAGE TOP
PAGE TOP