ブログ

前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)

blogでもたまに書きますが、

ウォーキングをするときに、「後ろへの歩幅(ストライド)」を大きく広げましょう!

を、勧めています。

 

しかし、「後ろへの歩幅」と聞いて、ピンときて理解できる方と

ん?

と思われる方もいるようで・・・

ひょっとしたら理解できている方の中でも、勘違いをしている方もいるかもしれませんので

ちょっと、整理したいと思います。

 

前に一歩踏み出し、前に足を着地してストップ

その姿勢を横から見たときに、身体を中心にして、

前に踏み出して着地している足と、身体を蹴りだして後ろに残った足とで

逆さYの字のようになると思います。

 

そして、【身体を中心】として、

前に踏み出してる歩幅を「前の歩幅」

身体から後ろの足までに広がる歩幅を「後ろへの歩幅」

となるのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. NHKの番組をサポート中
  2. 比べてはいけない!っと思いつつ比べてしまう。。。
  3. ウォーキングを始めたばかりの皆さんが真似したいフォーム 70代女…
  4. 競歩 ウォーク ラン でペースを遅くすれば、楽になる?は本当か
  5. ウォーキング人口 4000万人に想う
  6. ウォーキング&ラン 効果を上げるメニュー④ 【達人(ベテラン編)…
  7. 自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つの…
  8. スポーツドリンクは薄めた方が良いの?
PAGE TOP