BLOG

ウォーキングブログ

選手のインタビューは優等生過ぎる、と思う人へ インタビューの楽しみ方

平昌五輪でメダリスト達や、選手の試合後のインタビュー

聞いていて、「なんて優等生な発言が多いんだ!」っと思う方は

少なくないと思います。

ひょっとしたら、本心かなぁ???、なんて思う人がいるかもしれません。

 

想定が出来る質問はある程度、事前に模範解答は考えるものだと思います。

ネットで些細なことでも、文句や苦情を言われる時代

選手も自分の身は守らなければいけない部分は多分にあります。

 

けど、これはきっと本音で喋っている、というときもあります。

それは予想外の質問をされたとき、そしてインタビュアーのあまりにも無神経な質問をしてきたときです。

そこで選手の素顔が垣間見えます。

 

分かり難いかもしれませんが、スムーズに返していた返答が

ちょっとワンテンポ遅れる場合は、本音率が高くなっている気がします。

 

そんなところも楽しみながら五輪を楽しんで観戦してください。

 

Follow me!

関連記事

  1. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  2. 変形膝関節症でも30㎞を歩けるのです 65才女性
  3. 年齢を重ねるごとに、「年齢差」が大きくなる #体力格差 #健康格…
  4. 東京五輪メダルへの現実味 女子10年ぶりの日本最高&男子は1時間…
  5. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  6. 新型コロナウィルス以外に日本に流行っている病
  7. 2025年 世界陸上 日本が立候補!!!
  8. 「競歩の教え方」、、、の話の前に。 教える対象によって伝え方は、…
<<
PAGE TOP