ブログ

選手のインタビューは優等生過ぎる、と思う人へ インタビューの楽しみ方

平昌五輪でメダリスト達や、選手の試合後のインタビュー

聞いていて、「なんて優等生な発言が多いんだ!」っと思う方は

少なくないと思います。

ひょっとしたら、本心かなぁ???、なんて思う人がいるかもしれません。

 

想定が出来る質問はある程度、事前に模範解答は考えるものだと思います。

ネットで些細なことでも、文句や苦情を言われる時代

選手も自分の身は守らなければいけない部分は多分にあります。

 

けど、これはきっと本音で喋っている、というときもあります。

それは予想外の質問をされたとき、そしてインタビュアーのあまりにも無神経な質問をしてきたときです。

そこで選手の素顔が垣間見えます。

 

分かり難いかもしれませんが、スムーズに返していた返答が

ちょっとワンテンポ遅れる場合は、本音率が高くなっている気がします。

 

そんなところも楽しみながら五輪を楽しんで観戦してください。

 

Follow me!

関連記事

  1. 1996年に伝えられたジョルディ氏による 競歩のためのドリルトレ…
  2. 子供・孫の後ろ姿に学ぶ 競歩はウォーキングの延長線上???
  3. いろんな講習会に出て、自分に合ったものを見つけよう!
  4. 全3回競歩講習会でのフォーム撮影は、難しく・楽しく・ためになる
  5. マラソンのトレーニングの考え方で正しいこととは? 自分に合った練…
  6. 競歩の周回コースへの素朴な疑問に回答しました
  7. 1年の計は元旦にあり!
  8. テン6ウォーキング、初参加でも初心者でも、楽しく速く歩ける秘密
PAGE TOP
PAGE TOP