ブログ

20㎞競歩は日本最高レベルの層の厚さ、これをどう結果に結びつける?

日本選手権のハイレベルでした。

過去最高でしょう。

それを感じさせる要素は2つ

・表彰台に1時間17分台で無いと上がれない。

歴代のどの国を見ても、トップ3が17分台は無かったです。

なにより、凄いのは…

・1時間20分を切らないと入賞できない

これは、ちょっと異常なレベルです。

こんな国も世界中を見渡しても、日本だけです。

 

そして、世界に類を見ない層の厚さで、20㎞競歩でメダルを獲ったことの無い国も…

 

ただ、今回は希望の光が見えるのは

後半の方がペースアップをしている、という点です。

今までは、前半からペースが上がり続け、後半5㎞は我慢比べ

という、展開ばかりでしたが、今回は後半の方がペースが上がりました。

世界のレースに近づきました。

ただ、過去の五輪・世界陸上の結果から各国が今回の日本の結果に恐れるか?

と言ったらそれほどでは「まだ」ないでしょう。

 

今年の5月に「世界競歩チーム選手権」が中国で行われます。

そこで団体で20㎞競歩が金メダルを獲らない限り、

世界は日本を認めないです。

それだけ、日本は「内弁慶」っぷりを世界に見せつけてきました。

 

競技以外のネガティブなニュースが20㎞競歩にはありますが

各選手には、しっかりと「世界競歩チーム選手権」にて

競歩大国日本の狼煙を上げて欲しいと思っています。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩でリラックスして足を前に振出す
  2. ウォーキング 競歩 動画付き講習会 大阪参加者からのお声 201…
  3. 一般のランナー・ウォーカーがトップアスリートから《学んだ方が良い…
  4. 走る中国の競歩選手へ。強い選手か、弱い選手かの前に、「プライド」…
  5. 改めて西日本豪雨災害にお悔やみ申し上げます。とともにボランティア…
  6. 休止中のメール通信でのトレーニングアドバイスメールから読み解く、…
  7. ネット環境が未だ整わず…そしてちょっと予告
  8. 打倒!手越くん!その機会は果たして来るのか!
PAGE TOP
PAGE TOP