ブログ

感度を上げれば、フォームが良くなる

昨日、合宿のミーティングで、

「感度を上げる」という話をしました。

 

一人の学生に、

「今日は街中を歩いて看板を見たと思うけど、印象に残った看板はあった?」

と聞きました。学生は何やら思い出そうとするが、答えられず・・・

 

私も含めて、興味のあるものや、意識して見ようと思わない限り、

人は入ってくる情報を無意識に排除してしまいます。

 

だから、必要な情報を意識することで、情報を得るための「感度」が上がり

些細なことでも有意義な情報を得ようとします。

いわゆる「アンテナを張っている」という状態です。

 

自分のフォームを良くしたいときに、他人のフォームも良く観察し

「感度を上げる」ということをしておくと、動画で自分のフォームを見たときに

今まで気が付かなかったことに気が付くようになります。

だから、選手に他の選手のフォームをよく見て観察し、感度を上げよう!

という話をしました。

 

身近に競歩のチームメイトがいない、ウォーキング仲間がいない場合は、

YouTubeの動画を見てみるのも、一つの手です。

繰り返し見ることで、イメージが頭に残り、自分の競歩もしくはウォーキングの動画を見たときに

課題が良く分かるようになります。

 

「感度を上げる」、フォームの修正ではとても大事です。

 

さて、今日はどんな話をしようか・・・

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとする…
  2. Garmin(ガーミン) ランニングダイナミクスポッドを活用する…
  3. エバン・ダンフィー選手 (Evan Dunfee)が吼えてますが…
  4. ワクチン接種 1回目無事に終了、普通の注射です。
  5. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  6. 世界記録保持者が語る、競歩選手に必要な最も能力とは?
  7. 第2弾 男子20㎞競歩ナショナルチーム合宿が迫る!
  8. 東京五輪 競歩開催まで残り1か月
PAGE TOP
PAGE TOP