BLOG

ウォーキングブログ

漠然と歩かないことで、より高い健康効果をもたらす理由

パラリンピック選手で片脚が無い選手が

残る脚を動かそうとするとき、

通常は健常者のように、右足なら左脳を使い、左足なら右脳を使います

 

ですが、メダリストのような選手であれば、片方の脚を

右脳左脳と両方を使って動かしている、というデータがあります。

 

そして、私が以前勤務していた大学センターの教授は

体幹深部筋を使うことは「脳を活性化させる」という仮説を持っていました。

 

ウォーキングをするという事は、「健康に良い」っと言われています。

高血圧の改善・骨粗鬆症の改善・メンタルヘルス・肥満解消などなど

それはただ「歩く」だけ得られることですが

 

しかし、歩き方を意識して体幹を使って歩くことが出来れば

もっと様々な部分でも歩くことによって改善されること、予防されること

があるでしょう。

 

ウォーキングをされるみなさん、ただ「歩く」だけではもったいないです。

せっかくなので、体幹を使って歩き方を意識して歩いた方が

漠然と歩くよりも高い健康効果をもたらしてくれるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にして…
  2. 東京五輪、男子20㎞競歩の中継局が確定したようです
  3. 力不足な部分は否めませんが、ウォーキング・競歩・ランを楽しむ皆様…
  4. パーソナルトレーニングで、身体の使い方の変化で困っている、と質問…
  5. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  6. 【健康ウォーキング】目的が変われば「歩くペース」は変わる
  7. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  8. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
<<
PAGE TOP