ブログ

前十字靭帯が無くても、トライアスロンスプリントディスタンス年代別で表彰台獲得!

先日、開催されたトライアスロンスプリントディスタンスで

パーソナル受講者で、前十字靭帯が無くても表彰台を獲得しました!!

 

昨年の9月はまずは「完走しましょう!」というところから

9か月後。

年代別で表彰台を獲得しました。

 

では、何が変わってそうなったのか?

 

フォームの改善がなされました。

これが大きいと思います。

ただ、まだ出来ていない部分も非常にたくさんあります。

 

ランのトレーニング量は決して増えていません。

ですが、トレーニングの質は上がったと思います。

つまり、フォームの改善・トレーニングの質

量では無く・質が上がったか

 

これに尽きると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 塩谷 の想い 大会は主催者と参加者、両方の想いがつくるもの
  2. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
  3. リオ五輪、火花を散らした二人が今は合同練習中
  4. 稀勢の里の引退に想う事
  5. 企業スポーツのスポーツ支援には限界がある だからこそ自分たちで歩…
  6. 痛みから知ろう!
  7. ZIPのスポーツコーナーに「声」だけ出演します。そして、誤掲示問…
  8. !達成した《目的》があるなら「ウォーキング(歩く)」だけのトレー…
PAGE TOP
PAGE TOP