ブログ

前十字靭帯が無くても、トライアスロンスプリントディスタンス年代別で表彰台獲得!

先日、開催されたトライアスロンスプリントディスタンスで

パーソナル受講者で、前十字靭帯が無くても表彰台を獲得しました!!

 

昨年の9月はまずは「完走しましょう!」というところから

9か月後。

年代別で表彰台を獲得しました。

 

では、何が変わってそうなったのか?

 

フォームの改善がなされました。

これが大きいと思います。

ただ、まだ出来ていない部分も非常にたくさんあります。

 

ランのトレーニング量は決して増えていません。

ですが、トレーニングの質は上がったと思います。

つまり、フォームの改善・トレーニングの質

量では無く・質が上がったか

 

これに尽きると思います。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを 変形膝関節症だからと言って諦める理由はありません…
  2. 中国遠征で失ったもの
  3. 世界陸上ロンドン大会の競技スケジュールの持つ【深い】意味
  4. 自分のフォームに違和感を感じることはありますか?
  5. 東京大学から東京大学へウォーキング!動画でのフォームチェック付き…
  6. 無責任な批判、スポーツを見てるとしたくなりますが「リスペクト(敬…
  7. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
  8. 2019年 箱根駅伝観戦中
PAGE TOP