ブログ

ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要なこと

糸に五円玉を付けて、吊るします。

五円玉の振り幅を広げようとするときに

皆さんにはどうしますか?

 

多くの方は、前後に振ると思います。

少なくとも上下に振る、という方はいないでしょう。

慣性に任せて前後に振るのであれば、なおさらです。

 

ウォーキング・競歩・ランでもなど、前に進む為に

慣性の力を使おうとするのであれば、五円玉と同じく

前後に身体を使う、ということが大事です。

少なくとも上下ではありません。

 

では、どうやって慣性の動作のために身体を使うか?

 

それが骨盤なのです。

骨盤を前後で前後の動作を生むことで、脚はリラックスさせおけば

五円玉の慣性の法則が生まれ、脚が楽に使えるのです。

 

上下ではありません

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. WEB競歩講習会 2日目 参加者からのお声
  2. お腹を使って歩こう!!!
  3. 今年読まれたblog記事第3位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  4. ウォーキング 競歩での寒さ対策 2019年度版
  5. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  6. つま先を上げる と かかと着地の違い
  7. 初心者ウォーカーも ベテランウォーカーも 疾患のある方も、冬のウ…
  8. ウォーキング や 競歩で 動きの効率を良くする初歩的なこと
PAGE TOP
PAGE TOP