ブログ

ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要なこと

糸に五円玉を付けて、吊るします。

五円玉の振り幅を広げようとするときに

皆さんにはどうしますか?

 

多くの方は、前後に振ると思います。

少なくとも上下に振る、という方はいないでしょう。

慣性に任せて前後に振るのであれば、なおさらです。

 

ウォーキング・競歩・ランでもなど、前に進む為に

慣性の力を使おうとするのであれば、五円玉と同じく

前後に身体を使う、ということが大事です。

少なくとも上下ではありません。

 

では、どうやって慣性の動作のために身体を使うか?

 

それが骨盤なのです。

骨盤を前後で前後の動作を生むことで、脚はリラックスさせおけば

五円玉の慣性の法則が生まれ、脚が楽に使えるのです。

 

上下ではありません

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  2. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  3. ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと
  4. インターハイが無くなり、次に目指したい高校生の大会 WEB競歩講…
  5. 競歩選手のお手本、ジェファーソン・ペレス
  6. ウォーキングや競歩で、スピードを維持し続けることができない要因
  7. ウォーキングを向上させるトレーニング方法③ 良いフォームと悪いフ…
  8. ワールドゲームズに挑戦しよう 膝を伸ばして歩こう
PAGE TOP