ブログ

ウォーキングや競歩では、スピードを出すことが実はスタミナを奪わない事がある

もちろん、オーバーペースでウォーキングすれば

当然スタミナを奪います。

しかし、ゆっくり過ぎると逆にスタミナが奪われる場合があります

遅い人に付き合ってゆっくり歩いてたら

なんだか、いつもより疲れた。

速く歩く人ほど経験があると思います。

 

ウォーキングと競歩では、どちらかの足が必ず地面の着いています。

ですので、ゆっくりウォーキングしたり競歩すれば

片足で全体重を支える時間が長くなり

勢い(推進力)も使え無いので、筋力を使ってしまい

疲れてしまうのです

 

だから、自分のリズムでテンポ良くある程度

スピードを出してしまった方がウォーキングや競歩では

スタミナが奪われず楽に歩ける場合があるのです

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 の 歩き方③
  2. 世界陸上ロンドン マラソン惨敗に想う
  3. 速く、楽に、ウォークする、、、できますか?
  4. 2019行橋別府100㎞ウォーク、12時間台ゴールの樋熊くん
  5. 「勝利の条件」撮影裏話
  6. その2 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ …
  7. 日本代表を背負う事 背負った者しか分からない領域
  8. ウォーキング プロとアマチュアの境目とは?
PAGE TOP