ブログ

ウォーキングや競歩では、スピードを出すことが実はスタミナを奪わない事がある

もちろん、オーバーペースでウォーキングすれば

当然スタミナを奪います。

しかし、ゆっくり過ぎると逆にスタミナが奪われる場合があります

遅い人に付き合ってゆっくり歩いてたら

なんだか、いつもより疲れた。

速く歩く人ほど経験があると思います。

 

ウォーキングと競歩では、どちらかの足が必ず地面の着いています。

ですので、ゆっくりウォーキングしたり競歩すれば

片足で全体重を支える時間が長くなり

勢い(推進力)も使え無いので、筋力を使ってしまい

疲れてしまうのです

 

だから、自分のリズムでテンポ良くある程度

スピードを出してしまった方がウォーキングや競歩では

スタミナが奪われず楽に歩ける場合があるのです

Follow me!

関連記事

  1. 収録が来週に2本
  2. ウォーキングや競歩で技術の習得は早い人は、どんな人か?
  3. 羽生結弦選手の凄さ、に想うこと、心から心配すること。
  4. 延期を前向きにとらえたい、、、「2020+1 東京日本五輪」
  5. 誰もが速く歩けます 67歳 女性でも1㎞を8分10秒で「歩く」
  6. 競歩 日本選手権20km 本日 ライブ中継
  7. 時速8kmでウォーキングが出来るようになれば、広がるコミュニケー…
  8. 元オリンピック選手と行く! 富士山バスツアー、やります!多くの方…
PAGE TOP