BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングや競歩では、スピードを出すことが実はスタミナを奪わない事がある

もちろん、オーバーペースでウォーキングすれば

当然スタミナを奪います。

しかし、ゆっくり過ぎると逆にスタミナが奪われる場合があります

遅い人に付き合ってゆっくり歩いてたら

なんだか、いつもより疲れた。

速く歩く人ほど経験があると思います。

 

ウォーキングと競歩では、どちらかの足が必ず地面の着いています。

ですので、ゆっくりウォーキングしたり競歩すれば

片足で全体重を支える時間が長くなり

勢い(推進力)も使え無いので、筋力を使ってしまい

疲れてしまうのです

 

だから、自分のリズムでテンポ良くある程度

スピードを出してしまった方がウォーキングや競歩では

スタミナが奪われず楽に歩ける場合があるのです

Follow me!

関連記事

  1. 給水スポンジが何でそんなとこから出てくるのか?、というと。。。五…
  2. 五輪に出場した選手が、帰国して一番最初に想う事
  3. 酷暑の五輪 選手の想いを叶えてあげたいこと
  4. 今井さんの報告会を終えて、、、570㎞を歩くということ
  5. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
  6. コロナ禍で国民に送ったメッセージ 体操 内村航平選手に想うトップ…
  7. 年賀状についてのご連絡
  8. 日本代表と一般ウォーカーとコーチの苦悩
<<
PAGE TOP