ブログ

ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「骨」が教えてくれる

腕を振りと骨盤の連動が、速く歩くためのポイント

ということはブログでも良く書いてきました。

 

その腕を振ることで下半身が動けば、上半身のある部分が

引っ張られるように動きます

それは、「肋骨」

 

上半身と下半身の連動で、下半身で骨盤を動かす

重要性は書いてきました。

骨盤を動かすときは、腰椎ではなく《胸椎》が重要です。

 

そして、うまく腕が振れて下半身と連動が出来れば

胸椎の場所が、動きます。

つまり肋骨の部分ですね。

腕がスムーズに振れて骨盤が動けば、

肋骨の動きを感じることが出来るでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 50km競歩は東京五輪で表彰台独占できる!っと思わせてくれる川野…
  2. 世界陸上ドーハ大会 東京五輪へのスタート地点
  3. タレント選手からの電話
  4. 競歩 の 歩き方 ②
  5. 動画フィードバック付き講習会参加者のお声
  6. アスリートにとって一番必要な才能は「自分を信じる力」(2020年…
  7. 荒井選手と死闘を繰り広げたダンフィー選手が紹介されます 世界はT…
  8. ウォーキング 足をどうやって前に運ぶか?
PAGE TOP