ブログ

ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「骨」が教えてくれる

腕を振りと骨盤の連動が、速く歩くためのポイント

ということはブログでも良く書いてきました。

 

その腕を振ることで下半身が動けば、上半身のある部分が

引っ張られるように動きます

それは、「肋骨」

 

上半身と下半身の連動で、下半身で骨盤を動かす

重要性は書いてきました。

骨盤を動かすときは、腰椎ではなく《胸椎》が重要です。

 

そして、うまく腕が振れて下半身と連動が出来れば

胸椎の場所が、動きます。

つまり肋骨の部分ですね。

腕がスムーズに振れて骨盤が動けば、

肋骨の動きを感じることが出来るでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 陸王に想う ② そもそも…
  2. 明日、東京五輪に向けた20km競歩の最後の戦い
  3. 医者からウォーキングを勧められているが どうウォーキングをすれば…
  4. 「膝が痛くならなくなって、1時間歩いても平気だった!」っとお礼を…
  5. 寒い時期のウォーキングでファッションで気を付けたいこと
  6. 2017世界陸上 メダルへの道③ ロンドン到着
  7. TV出演の反響
  8. 脳卒中(脳梗塞)で片麻痺(半身まひ)の方、ウォーキングトレーニン…
PAGE TOP