BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングや 競歩 上半身と下半身の連動がうまく出来ていれば「骨」が教えてくれる

腕を振りと骨盤の連動が、速く歩くためのポイント

ということはブログでも良く書いてきました。

 

その腕を振ることで下半身が動けば、上半身のある部分が

引っ張られるように動きます

それは、「肋骨」

 

上半身と下半身の連動で、下半身で骨盤を動かす

重要性は書いてきました。

骨盤を動かすときは、腰椎ではなく《胸椎》が重要です。

 

そして、うまく腕が振れて下半身と連動が出来れば

胸椎の場所が、動きます。

つまり肋骨の部分ですね。

腕がスムーズに振れて骨盤が動けば、

肋骨の動きを感じることが出来るでしょう

Follow me!

関連記事

  1. ネガティブスピリット(後半にペースを上げる)を習得するための2つ…
  2. 日本中に競歩を知ってもらう旅 !人以外に出会った生き物
  3. 脳卒中は誰もが掛かる可能性がある病気、だということ。
  4. たくさんの脂肪を競歩の歩き方で燃やす!ダイエット お手軽、競歩で…
  5. 疲れ切った表情に達成感と安堵がにじみ出る、UWTT2021 皆さ…
  6. 時速12㎞のハイスピード ウォーク(競歩)での 100kmウォー…
  7. 【骨盤を使う技術】ランに活かしてみよう!
  8. ウォーキング・競歩、上級者がさらにレベルアップするのに必要なこと…
<<
PAGE TOP