ブログ

才能なんて無い方が良い、理由

ウォーキングの才能がない

運動が才能がない、と言う方はたくさんいます。

 

ですが、才能なんて無い方が良いです。

過去に私も多くの自分よりも多くな才能をもった選手を見てきました

しかし、そのほとんどの選手が才能ん頼って少し練習さえすれば

何とかなっていましたので、ほとんど練習しませんでした。

 

どんなに才能があっても、トレーニングは日々の生活。

 

そのことを忘れたら決して上達しません。

 

才能が無い方が、努力します。

そして、「努力」こそが、才能のある選手より自分を強くしてくれるのです

 

その方が尊いと思います。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  2. パーソナルウォーキングジムで、パーソナルだかこそ意識しなければな…
  3. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
  4. 大阪での講習会、本当はこの日程で九州開催のつもりでした・・・
  5. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
  6. 令和初日は東京エクストリームウォーク コースを雨の中、対談しなが…
  7. ダイエット系のインタビュー
  8. ネガティブスプリット ポジティブスプリット
PAGE TOP