ブログ

初心者 とベテラン身体を使うことの意識の難しさ

ウォーキングや競歩の講習会をですから、身体の使い方をレクチャーします。

上手くできる方と上手く出来ない方が、当然いらっしゃいます。

例えば、骨盤を使って歩く、なんてことは10人いれば3人ぐらいが

上手に出来ればよい方で、できない方が多いです.

 

では、なぜこんな差が生まれのでしょうか?

上手に出来る人は、自分の動作を俯瞰して見ることが出来る

ということがあります。

逆を言うと、上手に出来ない方は自分が身体を動かしている感覚を

使えめていない(イメージ出来ていない)ということです。

 

上手に出来る方は、「きっと自分がこうやって身体を動かしている」

ということのイメージがついていて、それが大きく実際のパフォーマンスと

ズレていないので、間違っていることがすぐに認識できて

修正が出来ます。

それは実際は動画や鏡を見ていなければイメージでしか意識ができない

イメージが正確であればあるほど修正が出来るのです。

 

上手く修正が出来ない方は前述の真逆ですね。

自分のフォームのイメージが湧かないのでどう修正したら分からない

 

自分がどうやって身体を動かしているのか?

そんなイメージトレーニングするのはとても大切でしょう

Follow me!

関連記事

  1. 骨盤を使って歩く 競歩 初心者講習会
  2. つま先立ち着地は流行っているけど、いいの?
  3. リオ五輪 男子20㎞メダル予想 直前
  4. 樋熊100キロ挑戦への道 100キロ完歩しました④
  5. 身の引き締まる職務を改めて拝命しました。。。
  6. 樋熊100km挑戦への道②
  7. リオ五輪 男子50㎞競歩 レース解説&レビュー
  8. 【ご報告】義援金について
PAGE TOP