ブログ

コーチとしての表彰に想う

選手は、スタートラインには一人で立ち

己の力だけを信じてゴールを目指します。

だからこそ、達成感があり充実感があります。

選手ならではの特権です。

 

コーチが選手のために何か出来るのは、スタートラインまで。

レース展開を考え、作戦を練り、レース中も声援を送ります

結果が出たときは喜びつつも選手より冷静に次を見据え

悪かった時は、悔しさを共に分かち、選手を鼓舞する

 

コーチは、スタートラインには立たない、ゴールもしません

けれど、

スタートラインに立つ選手を見て緊張し

ゴールをしたときガッツポーズが自然と出ます。(良い結果の時ですが(笑))

 

不思議なものです。

 

気が付くと、大学のコーチをして10年以上の時が流れました。

 

選手が頑張ってくれたからこその表彰をされました。

選手のような達成感は無いですが、コーチとしての充実感はあります。

 

表彰されたいと思ってコーチをしていた訳ではないので

表彰には、充実感はもちろん達成感もありませんが(笑)

選手に感謝しろ、ということだと思って、

これから先も「コーチ(導く)」をしていきたいと思います。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 で寒い季節、必ず身に付けたいウェア
  2. 75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の…
  3. 60-70代からこそ「楽に」「速く」歩ける!挑戦するものに「道」…
  4. 4大会連続5回目の世界陸上ロンドン 決定
  5. UWTT(100kmウォーキングタイムトライアル)コース動画
  6. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?のつづき
  7. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  8. 100㎞ウォーク完歩! しおや100㎞ウォーク12時間台(ご本人…
PAGE TOP