ブログ

コーチとしての表彰に想う

選手は、スタートラインには一人で立ち

己の力だけを信じてゴールを目指します。

だからこそ、達成感があり充実感があります。

選手ならではの特権です。

 

コーチが選手のために何か出来るのは、スタートラインまで。

レース展開を考え、作戦を練り、レース中も声援を送ります

結果が出たときは喜びつつも選手より冷静に次を見据え

悪かった時は、悔しさを共に分かち、選手を鼓舞する

 

コーチは、スタートラインには立たない、ゴールもしません

けれど、

スタートラインに立つ選手を見て緊張し

ゴールをしたときガッツポーズが自然と出ます。(良い結果の時ですが(笑))

 

不思議なものです。

 

気が付くと、大学のコーチをして10年以上の時が流れました。

 

選手が頑張ってくれたからこその表彰をされました。

選手のような達成感は無いですが、コーチとしての充実感はあります。

 

表彰されたいと思ってコーチをしていた訳ではないので

表彰には、充実感はもちろん達成感もありませんが(笑)

選手に感謝しろ、ということだと思って、

これから先も「コーチ(導く)」をしていきたいと思います。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ドーピングしてませんか?の続き
  2. 世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩サイドストーリー 「間違い」と…
  3. 東京エクストリームウォーク42.195㎞ 信号があろうとも歩いて…
  4. サブ5ランナーに100kmウォークを勧める理由
  5. 金メダリストが日本に来る背景とは? 東京五輪の前哨戦!4月に石川…
  6. 世界競歩チーム選手権の金メダルを手にしました!
  7. UWTT2020 無事に終了
  8. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
PAGE TOP