ブログ

日本記録を出す感触を、普通の人でも手軽に味わう方法

昨日のブログで、岡田選手が日本記録を更新した!

っということを書きました。

 

日本記録を更新するのは、当然簡単なことでは無いですし

競技者の中でもごく一部。

おそらく多くの方が、「日本記録を出す感覚」というのが分からないと思います。

 

手前味噌で恐縮ですが、4回ほど日本記録を更新したことがあります。

その中で感じたのは、

「新雪を歩いて進む」

という感覚が近いと思います。

 

誰もが歩いたことのなく、道しるべの無い道を、

雪の深さに足を獲られて進む。決して楽には進めないけど

誰も歩いたことのない道を進む爽快感。

 

日本記録を出し事が無い選手は、ぜひ新雪を歩いてみて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 箱根駅伝往路は異常なくらいの高速レース それを生み出したもの、そ…
  2. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
  3. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  4. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  5. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  6. 今年読まれたblog記事第1位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  7. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  8. 時差ボケは、まったくなし
PAGE TOP