BLOG

ウォーキングブログ

その一歩を希望に変えて

片麻痺の方にインタビューをしたブログの抜粋です

Nさん(脳梗塞を2016年に発症)は、長くウォーキングトレーニングをされて大きく変わりました

ですが、そのNさんも決して最初から勇気ある人では無かった。。。

==============

N:根本的な私の性格は、前向きな方だとは思いますが、それでもやっぱりこの身体で新しいことをいろいろと始めることは嫌でした。

柳澤:そうだったんですね。

N:はい、やっぱり怖いんですよ。いろんな意味で。

映画館とか行くのは嫌だったしだったし、トイレも困るし。

けど、チャレンジャーの自分がウォーキングをしたことで戻ってきました。

映画館も友達と待ち合わせていくようになったし

柳澤:ウォーキングを始める前は?

N:もう全然です。気持ちがもう折れてました。いろんなことに。

訪問リハビリの先生が言うには、みんな家に篭っちゃう。私ほど外には出ないそうです。

その気持ちは本当に良く分かります。もう、嫌ですもん、外に出るの。

==============

もし、片麻痺の方が周りにいたら、この対談のブログを読んでもらって下さい

 

一歩の勇気

 

病気であろうと、なかろうと。

誰も一歩を踏み出すのは怖いもの。

ただ、その一歩が掛けがえのないものになると信じています

 

片麻痺の方を募集して、皇居1周リレーウォークします!

片麻痺 ウォーキング 皇居1周リレーウォークを挑戦してみませんか?

 

 

Follow me!

関連記事

  1. いよいよ、塩谷100kmウォークが明日開催。80km地点で参加者…
  2. 世界陸上ドーハ大会 50km競歩 サイドストーリー
  3. ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事
  4. 競歩 中級者以上なら積極的におこないたい「全速力で歩く!」トレー…
  5. 忘れそうもないのに、すっかり忘れていたこと
  6. テン6ウォーク 2023年1月
  7. 364日のストーリー、東京五輪を目指す選手たち
  8. 荒井選手と死闘を繰り広げたダンフィー選手が紹介されます 世界はT…
<<
PAGE TOP