BLOG

ウォーキングブログ

身体を動かすために持ちたい「極意」

ウォーキングでも何でもそうなのですが、

身体を操作しようと思うときに、体幹に近い場所を動かそうと思う方が

身体に無理な力を入れずに、操作することが出来ます。

 

体幹から遠い部分を動かそうと意識をすれば、上手に身体を操作できません。

 

例えば、足。

お尻も足だと思って動かすことで、足先まで速く大きく動かせます。

足先を意識して、歩幅を広げようとすると、足を運ぶ距離が長くなります。

例えば、腕

腕を振るポイントを、肘だと思えば身体に近い部分で腕が振れるのでスムーズに腕が振れます。

ポイントを「こぶし」にしてしまうと、腕振りに重心が振られてしまいます。

 

体幹に近いところを動かす意識を持つ、

これが上手に歩くために、大切な極意です。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  2. 柳澤ってどんな経歴で、どんな人? #ウォーキング #ウオーキング…
  3. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  4. 身体に負担を掛けないように歩く ウォーキングで疲れない歩き方
  5. 競歩講習会をチャリティーイベントとしておこないます!
  6. 【健康ウォーキング】ウォーキングをするときは、黙って歩くことに集…
  7. ウォーキングで肘を曲げて腕を振った方が、疲れにくい理由
  8. プロ野球開幕!のスポーツ界における意義
<<
PAGE TOP