ブログ

身体を動かすために持ちたい「極意」

ウォーキングでも何でもそうなのですが、

身体を操作しようと思うときに、体幹に近い場所を動かそうと思う方が

身体に無理な力を入れずに、操作することが出来ます。

 

体幹から遠い部分を動かそうと意識をすれば、上手に身体を操作できません。

 

例えば、足。

お尻も足だと思って動かすことで、足先まで速く大きく動かせます。

足先を意識して、歩幅を広げようとすると、足を運ぶ距離が長くなります。

例えば、腕

腕を振るポイントを、肘だと思えば身体に近い部分で腕が振れるのでスムーズに腕が振れます。

ポイントを「こぶし」にしてしまうと、腕振りに重心が振られてしまいます。

 

体幹に近いところを動かす意識を持つ、

これが上手に歩くために、大切な極意です。

Follow me!

関連記事

  1. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説① 【体幹が身体…
  2. NHKから電話世論調査の電話が掛かってきて聞かれたこと
  3. 陸王に想う ② そもそも…
  4. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  5. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  6. 競歩式ラン講習会 in 神宮外苑 10月 2020年
  7. 荷物を背負って走ったとしても、、、
  8. 前に進むという事と、前に足を出すことは違うんです
PAGE TOP
PAGE TOP