ブログ

身体を動かすために持ちたい「極意」

ウォーキングでも何でもそうなのですが、

身体を操作しようと思うときに、体幹に近い場所を動かそうと思う方が

身体に無理な力を入れずに、操作することが出来ます。

 

体幹から遠い部分を動かそうと意識をすれば、上手に身体を操作できません。

 

例えば、足。

お尻も足だと思って動かすことで、足先まで速く大きく動かせます。

足先を意識して、歩幅を広げようとすると、足を運ぶ距離が長くなります。

例えば、腕

腕を振るポイントを、肘だと思えば身体に近い部分で腕が振れるのでスムーズに腕が振れます。

ポイントを「こぶし」にしてしまうと、腕振りに重心が振られてしまいます。

 

体幹に近いところを動かす意識を持つ、

これが上手に歩くために、大切な極意です。

Follow me!

関連記事

  1. 東京エクストリームウォーク 17時間台で歩かれた方からのお礼メー…
  2. 「軽快にウォーキング」そのために必要なこと!軽快にウォーキング出…
  3. 【健康のためのウォーキング】で意識したい心拍数
  4. 東京エクストリームウォークのコース、歩いてきました! ずっと雨で…
  5. テン6ウォーク(時速6kmで10kmを歩く)で100kmをより楽…
  6. 2019年 箱根駅伝観戦中
  7. 競歩講習会 チャリティーで開催! 入金のご報告
  8. サブ3ランナーに挑戦してほしいと思うこと
PAGE TOP
PAGE TOP