ブログ

身体を動かすために持ちたい「極意」

ウォーキングでも何でもそうなのですが、

身体を操作しようと思うときに、体幹に近い場所を動かそうと思う方が

身体に無理な力を入れずに、操作することが出来ます。

 

体幹から遠い部分を動かそうと意識をすれば、上手に身体を操作できません。

 

例えば、足。

お尻も足だと思って動かすことで、足先まで速く大きく動かせます。

足先を意識して、歩幅を広げようとすると、足を運ぶ距離が長くなります。

例えば、腕

腕を振るポイントを、肘だと思えば身体に近い部分で腕が振れるのでスムーズに腕が振れます。

ポイントを「こぶし」にしてしまうと、腕振りに重心が振られてしまいます。

 

体幹に近いところを動かす意識を持つ、

これが上手に歩くために、大切な極意です。

Follow me!

関連記事

  1. 冬の通勤など私服でダイエット目的のウォーキングするときに、ちょっ…
  2. 健康のためにスポーツジムに通う、以外の選択肢はたくさんあります
  3. 競歩・ウォーキング・ランニングで、効果的なトレーニングメニューを…
  4. ウォーキングを始める! ウォーキング初心者が気を付けたい「目線」…
  5. 62才で9年ぶりの自己記録を「競歩式ラン」で更新!
  6. 少人数!フォーム動画チェック! ウォーキング&競歩講習会in代々…
  7. ネット未だ繋がらず…
  8. UWTTのお申込みはお早めに!
PAGE TOP
PAGE TOP