BLOG

ウォーキングブログ

理学療法士・作業療法士の先生方と勉強会で気づいた、ウォーキングを向上するために、リハビリと競歩ドリルトレーニングに共通すること

片麻痺の方へのイベントのご案内です

その一歩を希望に変えて

 

8の字ウォーク、これは競歩のドリルトレーニングで

昔はよく行われていたトレーニングです。

 

トレーニング方法はいたってシンプル

2つの円(サークル)を地面に描いて、その線上を歩く

というだけのものです。

 

円の線上を歩くと、内側の脚には重心が乗ります。

そして、足だけで回るのは難しくなり

自然と骨盤も大きく動きます。

円(サークル)が一つだと、片方だけに重心がのり骨盤が動くことになるので

もう一つ円(サークル)を反対周りすることで

左右バランスよく骨盤の柔軟性と重心が載る蹴り出しを

トレーニング出来るのです。

 

今日は、理学療法士・作業療法士の皆さんと勉強会でしたが

リハビリでも8の字では無いけどサークルを歩くことはあるそうです。

やはり、リハビリとトレーニング。

大きな親和性がありますね

 

Follow me!

関連記事

  1. YouTube動画更新しました! 膝を伸ばして、重心を使う「スト…
  2. #ウォーキング で健康になる! #体力なし でも手軽に出来る#ウ…
  3. ウォーキングで肘を曲げて腕を振った方が、疲れにくい理由
  4. 100kmウォーク 初心者におススメしたい、大会1週間前のコンデ…
  5. 速くウォーキングしてみよう!時速7㎞でウォーキング
  6. 自分のフォームに違和感を感じることはありますか?
  7. ウォーキング 腕振りが変わることでスピードの「ギア」が変わった、…
  8. 大会後、なかなか疲労が抜けない、、、という方へ
<<
PAGE TOP