ブログ

足はバラバラに使わないために。。。

普通に何も考えずにウォーキングをすると

右足で地面を蹴る(押す)動作をしたからと言って

左足が勝手に前に出るという事はあり得ません

それは両方の足が離れていて別々に動くからです。

多くの人は、そういう歩き方をします。

 

しかし、骨盤を使って歩くことが出来れば、

骨盤は真ん中に関節がある訳では無いので、

右の骨盤を後ろに引けば、左の骨盤が前に出て

左の骨盤を後ろに引けば、右の骨盤が前に出ます

 

骨盤を使って歩けるようになる。

これはとても重要なことなのです。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  2. インターハイが無くなり、次に目指したい高校生の大会 WEB競歩講…
  3. 1㎞をどれぐらいの速さでウォーキング出来ますか?
  4. ウォーキング スピードが速くなるために、持つべき感覚
  5. ウォーキングでスピードが落ち始める最初の兆候
  6. ロングウォークをすればするほど、「楽に」のために、僅かしか進まな…
  7. 75歳男性 テン8を達成、時速8㎞で10㎞を歩くのに年齢という壁…
  8. 速く歩くために! 時速10㎞で10㎞で歩いても疲れない
PAGE TOP