ブログ

上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性でも歩けます

腕振りはウォーキングでとても重要な要素です。

そのことはこのブログでもたくさん書いてきました(きっとこれからも書くでしょう)

肘を引く、っと良く私も言いますが

実際は「引き上げる」っといった方が正解かもしれません。

今日もパーソナルで6’57/㎞でウォーキングした60代女性

「気持ち良い!!」っと言いながら笑顔で歩かれてました。

ゴールしてみたら、1㎞が6’57でした。

 

力では歩かない、

上半身と下半身を上手にかみ合わせて歩く、それが競歩の技術を使ったウォーキングです

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性
  2. 速く歩く、ために「上下動を無くす」ということがどれぐらい大切か?…
  3. 最大心拍数を意識したトレーニング。とりあえず、166しか上がらな…
  4. ウォーキングで足の裏の「土踏まず」が痛くなる方へ
  5. WEB講習会、無事に終了!
  6. 競歩・ウォーキング・ランニング、疲れたときについしてしまう「やっ…
  7. 足はバラバラに使わないために。。。
  8. ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手…
PAGE TOP