ブログ

上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性でも歩けます

腕振りはウォーキングでとても重要な要素です。

そのことはこのブログでもたくさん書いてきました(きっとこれからも書くでしょう)

肘を引く、っと良く私も言いますが

実際は「引き上げる」っといった方が正解かもしれません。

今日もパーソナルで6’57/㎞でウォーキングした60代女性

「気持ち良い!!」っと言いながら笑顔で歩かれてました。

ゴールしてみたら、1㎞が6’57でした。

 

力では歩かない、

上半身と下半身を上手にかみ合わせて歩く、それが競歩の技術を使ったウォーキングです

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのための腹筋をしよう!
  2. まだ、速く歩こうと思ったことが無いけど、これから速く歩こうと考え…
  3. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探…
  4. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  5. つま先を上げる と かかと着地の違い
  6. ウォーキングを始めようとする人が、意識したい下半身の身体を動かす…
  7. ウォーキング 競歩でリラックスして足を前に振出す
  8. 関節に負担を掛けずに楽に歩けている!膝を伸ばしてウォーキングする…
PAGE TOP