ブログ

ウォーキングで足裏の親指やその付け根(母指球)にマメが出来る方

ウォーキングをされている方で

マメがいつも同じところに出来てしまう方がいます。

今回は特に多い「親指&親指の付け根」

この部分にマメが出来やすい方は、

・つま先で地面を蹴ってしまう

・無理に歩幅を広げようとする

という方に多いです。

 

つま先で強く地面を蹴ると母指球に強い負荷が掛かりすぎて

摩擦が大きくなりやすくなります。その結果としてマメが出来やすくなります

 

無理に歩幅を広げようとすると

ちょうど親指の付け根(母指球)あたりを捻じってしまうので

強く蹴らなくても、この捻じるという動作が強い摩擦を生んでマメを作ってしまいます。

 

ポイントは強い負荷を親指や母指球に掛けないこと

あくまでも親指へは重心が「抜ける」という意識で

無理に蹴る動作につなげないことがだいじでしょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで、速く歩くために、速く歩こうとしない
  2. ラン経験者がウォークに挑戦をして、失敗してしまうシューズ選び
  3. ウォーキングや競歩で、気を付けて下さい。歩幅の長さ=地面を蹴り続…
  4. 骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの
  5. ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要…
  6. 【ウォーキング】変形膝関節症の方をサポートしていて元気にウォーキ…
  7. ウォーキング中級者以上が試したい、リラックスした腕振り
  8. ウォーキングで「姿勢」を意識するだけで、フォームの質が変わります…
PAGE TOP
PAGE TOP