ブログ

熾烈を極める東京五輪 競歩日本代表選考 展望①

東京五輪を控えて、いよいよ来月から選考レースが本格化します。

2月日本選手権20km競歩(神戸)20km競歩
3月全日本競歩20km競歩(能美)20km競歩
4月日本選手権50km競歩(輪島)50km競歩

上記大会を全て終えて選考しますが、
男女20km・男子50kmともにそれぞれの大会結果で
代表内定が直ぐ出てしまうことになるでしょう。

本来であれば全ての選考会が終了し
結果を踏まえて、定められている選考条件によって
代表選手を決めます

しかし、レース結果が良ければいち早く選手に「代表内定」を出します
五輪に向けて準備をさせるようにする
これが「代表内定」のメリットです。

全ての選考会終わるまで、もつれると代表に選ばれるのが4月の輪島まで掛かってしまう
どの選手も選考レースではこの「代表内定」をとりいくでしょう。

ではその内定条件とはどんなものでしょう

すでに3名の選手が内定を獲得しています

そもそも内定条件とは。。。

内定条件

1)ドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会(以下、「ドーハ世界選手権」)3 位入賞による内定
ドーハ世界選手権において、日本人最上位で 3 位入賞以内の成績を収めた競技者で、2020 年
5 月 3 日(ミンスク 2020 世界競歩チーム選手権)までに本大会の参加標準記録を満たした競技者。

2)各国内選考競技会の成績による内定
各国内選考競技会の日本人最上位者で、2020 年 5 月 3 日(ミンスク 2020 世界競歩チーム選手権)までに派遣設定記録を満たした競技者。

まず内定条件(1)に既に2名の選手が条件をクリアして代表内定を出しています。

世界陸上ドーハ大会50km競歩金メダル鈴木雄介選手(2019年4月に参加標準記録突破済み)

世界陸上ドーハ大会20km競歩金メダル山西和宏選手(2019年3月に参加標準記録突破済み)

そして、内定条件(2)国内選考会にて1名クリアしています

全日本競歩50km競歩(高畠)、優勝:川野将虎選手(優勝タイムが派遣標準記録突破)

そのため、来月から始まる選考レースでは
男子50km競歩は4月日本選手権50km(輪島)にて、残り1名
男子20km競歩は2月日本選手権20km(神戸)・全日本競歩20km(能美)にて、残り2名
女子20km競歩は2月日本選手権20km(神戸)・全日本競歩20km(能美)にて、残り3名

代表の座を懸けて戦います

この選考会で、派遣標準記録を突破して日本人最上位になれば「内定」が出ます。
今の選手はレベルが高いので、よっぽど気象条件が悪くならない限り
派遣標準記録を突破しないと日本人最上位にはなれません
男子50㎞競歩 派遣標準記録3:45’00
男子20㎞競歩 派遣標準記録1:20’00
女子20㎞競歩 派遣標準記録1:30’00
このタイムを下回って日本人最上位はかなり難しいのが実際です。

選考会で「日本人最上位=代表内定」となる確率が高いでしょう

※無断転載転用は禁止とします。一言ご連絡頂ければまったく問題ありません。HPお問い合わせよりご連絡下さい

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング講習会in代々木公園で想う 講習心得
  2. 大阪国際女子マラソン 松田選手の好走が名古屋ウィメンズマラソンの…
  3. 東京の暑さに勝つため、科学の力で合宿中
  4. 日本代表を背負う事 背負った者しか分からない領域
  5. ベントニー(膝曲がり)で 気を付けること 初心者の動画から学ぶ
  6. 改めて西日本豪雨災害にお悔やみ申し上げます。とともにボランティア…
  7. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  8. 盛況!東京エクストリームウォーク!!! 東京開催の100kmウォ…
PAGE TOP