ブログ

ZIPのスポーツコーナーに「声」だけ出演します。そして、誤掲示問題で高橋選手のコメントに感じたこと

昨日、おこなわれた日本選手権の結果を踏まえて

ZIP(日テレ)さんの電話取材を受けました

 

競歩に世間の関心が強くなった。

今までには無かったことです。

 

そこで一つ質問事項であったのが

この出来事です

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6351414

ヤフーのニュースにもなったので、ご存じの方も多いと思います

 

審判を責めるのは少々酷だと思います。

もちろん、万全を期すものだとは思います。

今回はコースが1㎞の折り返しから、500mに変わったり、メディアの数が多くて掲示板の前がすごく混雑し

ペナルティーエリアを初めて採用した日本選手権で、オペレーションが不慣れでした。

 

確かに運営に不備はあったと思いますが、勝敗に影響はあったか?っといえば

逆転ができるほどのことではなかったと思います。

 

実際に、高橋選手も「関係ない、自分の歩きが悪かった」

っとコメントしています。

トップ選手であればあるほど、自分に起きたことを他人のせいにはせず

受け止めて次へのステップにするもの

だからこそ、強くなっていける。

そんなことを感じさせる、高橋選手のコメントでした。

 

何はともあれ、審判にとっても、高橋選手とっても

これが本番の五輪でなく、事前に経験できたのは良かったことと

前向きにとらえるべきことだと思います

 

Follow me!

関連記事

  1. インタビュアーが盛り上がれば盛り上がるほど、盛り下がる・・・
  2. 明けましておめでとうございます! いよいよ東京五輪
  3. おそらく3年ぶりに元旦競歩に行ってきました
  4. 走ってはいけません。ウォーキング大会ですから。 東京エクストリー…
  5. 競歩フォーム 競歩の歩き方が難しいと思っている方へ
  6. ウォーキングは身体への負担が極端に少ない なのに痛いは確実にフォ…
  7. 2017世界陸上 メダルへの道③ ロンドン到着
  8. ナショナルチーム合宿 戦術のケーススタディ
PAGE TOP