ブログ

同じ心拍数でも「きつさ」が違う理由

例えば、心拍数が130くらいだったとします

ボルグスケール(主観的運動強度=その人がキツイと感じている度合い)だと

13の値になり、「ややきつい」と多くの方が感じる運動強度(運動のきつさ)です

 

身体が温まっていなく、血管拡張してないのに

キツい運動をしてしまい、うまく心拍数があがらない

そうなると、体中に酸欠状態が陥り、130の新p画数でもキツイ、っと感じます

 

ゆっくりしたペースでスタートして徐々にスピードを上げて

心拍数を130まで上げると、血管が拡張されているので身体の隅々まで

酸素がいきわたり、心拍数130であってもとても楽に感じるのです

 

無料ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(基礎編)6月3 日 夜開催

Follow me!

関連記事

  1. 世界競歩チーム選手権(2018年) 50㎞競歩 勝因の解説と20…
  2. 競歩 日本選手権20km 本日 ライブ中継
  3. 筋肉が鍛えるられるのはいつのタイミング?
  4. 競歩 の 歩き方 ①
  5. ZIPのスポーツコーナーに「声」だけ出演します。そして、誤掲示問…
  6. マインドフルネスの資格を取得!コーチングにフル活用!します!
  7. 対談してきました!
  8. 東京五輪 代表選考会 女子20km 3人目チャンスを掴むのは誰だ…
PAGE TOP