BLOG

ウォーキングブログ

同じ心拍数でも「きつさ」が違う理由

例えば、心拍数が130くらいだったとします

ボルグスケール(主観的運動強度=その人がキツイと感じている度合い)だと

13の値になり、「ややきつい」と多くの方が感じる運動強度(運動のきつさ)です

 

身体が温まっていなく、血管拡張してないのに

キツい運動をしてしまい、うまく心拍数があがらない

そうなると、体中に酸欠状態が陥り、130の新p画数でもキツイ、っと感じます

 

ゆっくりしたペースでスタートして徐々にスピードを上げて

心拍数を130まで上げると、血管が拡張されているので身体の隅々まで

酸素がいきわたり、心拍数130であってもとても楽に感じるのです

 

無料ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(基礎編)6月3 日 夜開催

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング初級者・中級者が、ウォーキングを評価するのに最適なイ…
  2. スポーツの語源は、、、「楽しむこと」 そのことが伝わってくる感想…
  3. スタミナを生み出す理屈
  4. はくほう に想う
  5. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  6. ウォーキング フォームは似て非なる、けどその根っこにある「基本」…
  7. 競歩で2200mの高地合宿を1か月すると、成田空港でどうなるか?…
  8. ウォーキングや競歩で、足音がする歩き方って良いの?
<<
PAGE TOP