ブログ

速く歩くために、したいこと

「脚を前に出す」という意識が強いと前に進みにくくなります。

それは「なぜか?」

 

前に出す脚は地面に接地していないからです。

身体を進ませるための前段の動作です。

 

そうなると、どういう意識を持てば身体が進みやすくなるか?

「地面に接地している脚」です。

脚が地面に接地しているときでないと、身体は前に進ませることはできません

浮いている脚では、身体は前に進ませることは出来ないのですから

冷静に考えれば分かる身体操作です。

 

ですが、多くの人は速く歩こうとして

「一生懸命、前に足を出す」

 

この感覚に慣れているので、いざ地面に接地している脚に

意識を置こうとすると感覚的にもうまくいかないことが多くなります

 

だから、と言ってあきらめないようにしてください。

地面に接地してなければ、身体を前に進めせることは「歩く」という動作では

できないのですから。。。

Follow me!

関連記事

  1. 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 100㎞…
  2. 「読んだだけだと分からない」ウォーキングの本を山ほど読んだ時速8…
  3. 月1開催 WEB初心者競歩メニュー講習会が近くなってきました
  4. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ…
  5. ウォーキング 競歩では背の高い方が圧倒的優位なのか?
  6. 競歩・ウォーキングのための、家でもできる腕振りトレーニング
  7. 速く歩くために! 時速10㎞で10㎞で歩いても疲れない
  8. 片麻痺の方のウォーキングトレーニングでまずは求めたい「安定性」
PAGE TOP
PAGE TOP