ブログ

歩くスピードが速くなったら、ゆっくりウォーキングしている時のフォームから、どう変わってしまいますか?

ゆっくりでフォームをコントロールすることは

それほど、難しくありません。

 

ですが、速くなるとフォームをコントロールすのは難しくなります。

その理由は

「筋肉を使って速く動かすこと」に動作が支配されてしまい

「上手に身体を使う」ということが出来なくなるからです。

 

おそらく、身体を「力任せに速く歩こう」として一番起きるフォームの変化は

歩幅が短くなること。

それ以外にもたくさんあると思います。

 

さて、動画みて下さい。

皆さんは、速く歩こうとすれば、画面右側のフォーム・左側のフォーム

どちらに近くなりますか?

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで「速いペース」を維持するために大切なこと
  2. 膝が内側に曲がる、という変形膝関節症でも時速5.5㎞でウォーキン…
  3. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  4. 競歩・ウォーキング・ランニング、疲れたときについしてしまう「やっ…
  5. ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと
  6. ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性
  7. ラン経験者がウォークに挑戦をして、失敗してしまうシューズ選び
  8. 坂道を上手に歩こう!ウォーキング技術を磨こう
PAGE TOP