BLOG

ウォーキングブログ

歩くスピードが速くなったら、ゆっくりウォーキングしている時のフォームから、どう変わってしまいますか?

ゆっくりでフォームをコントロールすることは

それほど、難しくありません。

 

ですが、速くなるとフォームをコントロールすのは難しくなります。

その理由は

「筋肉を使って速く動かすこと」に動作が支配されてしまい

「上手に身体を使う」ということが出来なくなるからです。

 

おそらく、身体を「力任せに速く歩こう」として一番起きるフォームの変化は

歩幅が短くなること。

それ以外にもたくさんあると思います。

 

さて、動画みて下さい。

皆さんは、速く歩こうとすれば、画面右側のフォーム・左側のフォーム

どちらに近くなりますか?

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 リラックスするために「緊張しろ!」っと言われ…
  2. ウォーク&競歩 ペースを守る
  3. YouTube動画UPしました! 腕振りが上達するストレッチ #…
  4. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  5. 遅いほどキツイのが100㎞ウォーキング
  6. ランナーがウォーキングをする際に「苦手」なこと
  7. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
  8. ウォーキング 掌(手のひら)は握るべき?開くべき?
<<
PAGE TOP