ブログ

歩くスピードが速くなったら、ゆっくりウォーキングしている時のフォームから、どう変わってしまいますか?

ゆっくりでフォームをコントロールすることは

それほど、難しくありません。

 

ですが、速くなるとフォームをコントロールすのは難しくなります。

その理由は

「筋肉を使って速く動かすこと」に動作が支配されてしまい

「上手に身体を使う」ということが出来なくなるからです。

 

おそらく、身体を「力任せに速く歩こう」として一番起きるフォームの変化は

歩幅が短くなること。

それ以外にもたくさんあると思います。

 

さて、動画みて下さい。

皆さんは、速く歩こうとすれば、画面右側のフォーム・左側のフォーム

どちらに近くなりますか?

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  2. 脚筋力を上げる!自宅で出来るエクササイズ
  3. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  4. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
  5. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ…
  6. 75才 女性 ハーフマラソンで10分記録を更新 その直前の練習の…
  7. ウォークで速く歩くために!前回のエラーの修正にトライ 19㎞を時…
  8. ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象
PAGE TOP
PAGE TOP