BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングをしているときに、感じたい「足裏の感覚」

ウォーキングではランニングと違い

地面に接地している時間が長いので、

足裏からの情報量がとても多いです。

 

一歩にしっかりと体重が乗れているときは、

かかとから指先まで、重心が抜けていく感じがとてもよく分かります。

逆に、勢いに任せてしまったり、つま先の向きが外側に向きすぎてしまっていたりすると

足裏で重心が移動していく感じが、良く掴めません。

 

そして、うまく重心が足裏に載れていると

徐々にかかとからつま先の方向に向かって、重心が移動していく感じが掴めます。

 

このときに、無理に重心を足裏で掴もうとして、

つま先で蹴る、という動作をしてしまうと

足裏で重心が移動していく感じが分からなくなります。

 

足裏は「タイヤ」のように。ブレーキを掛けずに身体を前に進めてくれるもの。

そして、身体が地面と唯一接地している部分です。

感覚を研ぎ澄まして、足裏の感覚に神経を向けてみて下さい

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  2. 東京五輪マラソン東京コース 4時間46分01秒で歩く 装備&給水…
  3. 競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い
  4. ダイエットでスタイルを作る 競歩は下腹を凹ますのに良い理由
  5. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
  6. 腕振りが苦手な職種
  7. リラックスして脚を前に出す感覚を、ゴルフで例えると。。。
  8. WEB競歩講習会! 全3回で課題をクリアしながら進める講習会です…
<<
PAGE TOP