ブログ

ウォーキングをしているときに、感じたい「足裏の感覚」

ウォーキングではランニングと違い

地面に接地している時間が長いので、

足裏からの情報量がとても多いです。

 

一歩にしっかりと体重が乗れているときは、

かかとから指先まで、重心が抜けていく感じがとてもよく分かります。

逆に、勢いに任せてしまったり、つま先の向きが外側に向きすぎてしまっていたりすると

足裏で重心が移動していく感じが、良く掴めません。

 

そして、うまく重心が足裏に載れていると

徐々にかかとからつま先の方向に向かって、重心が移動していく感じが掴めます。

 

このときに、無理に重心を足裏で掴もうとして、

つま先で蹴る、という動作をしてしまうと

足裏で重心が移動していく感じが分からなくなります。

 

足裏は「タイヤ」のように。ブレーキを掛けずに身体を前に進めてくれるもの。

そして、身体が地面と唯一接地している部分です。

感覚を研ぎ澄まして、足裏の感覚に神経を向けてみて下さい

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング初心者でも時速7㎞以上に挑戦できる簡単な練習方法
  2. 新型コロナウィルス対策 運動(ウォーキング)で免疫力を上げる方法…
  3. ウォーカーズで学ぶ、楽なウォーキング 観るべきポイントは?
  4. 東京での初100㎞ウォークで、ちょっと懸念していること
  5. 2019行橋別府100㎞ウォーク、12時間台ゴールの樋熊くん
  6. オリンピック130万人 パラリンピック11万人 という数字に想う…
  7. これから、YMAPさんのライブ配信に出ます
PAGE TOP
PAGE TOP