ブログ

時速7㎞以上で10㎞以上をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ 【上半身と下半身を連動させる】

時速7㎞以上で10㎞以上をウォーキングするための

シンプルな基礎トレーニングは、「上半身と下半身を連動させる」

これが出来ることが必須です。

 

力任せでスピードを出している方は、「腕の振り」が上手に使えていません

足を動かすことがメインとなってしまっていて、「腕振り」がおまけになっています

こうなっては、瞬間的に速く歩くことは出来ても

10㎞以上の長い距離となるとなかなか続き難くなります。

 

テン8を達成している70代の皆さんはやはりこの「連動」が上手に出来ています。

 

連動を意識した基礎トレは

「腕振りを大きくしてゆっくり歩くこと」

速くいと連動している感覚が掴みにくくなります。

 

連動していることを、意識しながら少しづつスピードを上げていく

こうやってかみ合わせていくことがとても需要になります。

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 寒さ対策は、「痛み対策」
  2. ナショナルチーム合宿 戦術のケーススタディ
  3. リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこ…
  4. 1週間で200㎞歩いても、お医者様に「もっと運動した方が良い」と…
  5. 雨予報の日本選手権20㎞競歩、この雨がどうレースに影響するか?
  6. 50㎞競歩の凄さ、そして廃止の検討
  7. ジャニーズとの戦いのきっかけは・・・
  8. ウォーキングをするとどこかしら痛む。。。という方が長くウォーキン…
PAGE TOP
PAGE TOP