ブログ

競歩で「分かりやすく」健康になる

競歩で「分かりやすく」健康になる!

ウォーキングよりも、「競歩」で歩いた方が、良いことがたくさんあります。

・速く歩けるので心拍数が上がりやすく、ウォーキングよりも心肺機能が向上しやすい

・骨粗鬆症の改善にウォーキングよりも効果が高い→参考に見てみて下さい〇

・身体への負担が少なく、スピードが上げられる

・肘を曲げた腕振りが、上体をウォーキングよりも使いやすくする

・体幹を使って歩くので、インナーマッスル(体幹深部筋)を意識しやすい

・身体の左右バランスが整いやすい

などなど。

 

やはり、一番わかりやすいのは、「スポーツ」なので

タイムを縮めるためのチャンレンジをすれば、努力した結果としてタイムが向上し

結果として、前述のことが得られて「健康」となっていきます。

 

「競技スポーツ」までがんばれば不健康になりますが(笑)

スポーツとして楽しめれば、タイムを縮めるという「自己への挑戦」が

結果として「健康」を維持できていくでしょう

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#寒い時期 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック

#サプリメント #腸腰筋 #腸骨筋 #大腰筋

 

Follow me!

関連記事

  1. 2017年もいよいよ最後。
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  3. 医療機関のへの負担を減らそう!今年の夏は、コロナ対策と同じくらい…
  4. ウォーキングのときに、おすすめの道の色
  5. 足を前に出す意識をもってウォーキングをすると疲れる理由
  6. 100kmウォーク、ゴール後のダメージを回復させるために摂りたい…
  7. 【健康ウォーキング】メンタルヘルス うつ病・認知症にならないため…
  8. 腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を鍛えるウォーキングの仕方
PAGE TOP
PAGE TOP