ブログ

第105回20㎞競歩 女子! 日本選手権展望

第105回日本選手権 女子 20㎞競歩を展望したいと思います

優勝は東京五輪代表岡田選手(森岡選手)が有力でしょう。

前回大会では藤井選手に苦杯をなめましたが、

今回は藤井選手が世界競歩チーム選手権に出場のため欠場します。

そうなると、順当に力を発揮できれば岡田選手が優勝に一番近いと思います。

 

そうなると、

・岡田選手に若手がどこまで迫れるか?

・35㎞での女子代表を狙えう選手がどれだけいるか?

がポイントになります。

 

岡田選手に迫れる選手としては

東京五輪代表の河添選手、自己記録が速い住吉選手、10000mでの記録が良い梅野選手に期待としたいと思います

 

そして、35㎞で代表を狙うためには遅くとも20㎞競歩で

1時間35分は切りたいです。

派遣標準記録は2時間51分。

初めての距離ともいうこともあって、世界的にもタイムがまだ上がっておらず

派遣標準記録も低めです。20㎞を1時間37分43秒ペース。

距離が伸びてる分を考えると、やはり20㎞では少なくとも前述のタイムは切らないと厳しいでしょう

 

逆を言うと、1時間35分を切れれば、派遣標準記録を突破できるチャンスはあると思います

日本代表を目指して、若い選手には例え20㎞競歩で代表が難しくとも

35㎞につながる積極的なレースを楽しみにしたいです

 

Follow me!

関連記事

  1. 大阪でウォーキングパーソナルします!
  2. 非常事態宣言でのウォーキングplus競歩のイベント開催について
  3. WEB競歩講習会 元五輪競歩選手による 初心者ための全3回WEB…
  4. 第38回 テン6ウォーク 2020年10月
  5. テン6ウォーク 2022年5月
  6. 第5回 タワー to ツリー ナイトウォーク開催
  7. 心拍数は身体の総合評価
  8. 第42回 テン6ウォーク 2021年4月
PAGE TOP
PAGE TOP