ブログ

速くウォーキングする時に意識したい筋肉

速くウォーキングするための、筋肉は

「中殿筋」と言われる場所です。

お尻の外側、やや上の部分です。

 

なぜそこの筋肉なのかというと、

胴体と足をつなぐ筋肉の部位だからです。

しっかりと、体幹を使えてウォーキング出来ていれば

必ず身体の中心に近い部分の筋肉が使えないといけません。

 

速く身体を動かそうとすると、身体の近い部分から

動かすとことが意識できれば、身体は速く動かせます。

速く動かそうとする意識が末端の筋肉いけばいくほど

速く動かせません。

 

たまに例えるのですが、

「金づち」です。

速く金づちを動かそうとするときに、どうすれば速く動かせるでしょうか?

金づちの重たい頭の部分か、軽い棒の部分を持って重たい頭を振るか?

すぐに答えを出せると思います。

 

軽い棒の部分を持って降ると、重たい部分の金づちの頭が遠心力で振られて

速く触れません。

ですが、重たい頭の部分を持って降れば、

力のポイントが振り始めの根元の部分になって

速く振れます。

だから、速く身体を動かすために

根元の部分を速く振る(動かす)意識が大切なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 2017世界陸上 メダルへの道①
  2. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  3. スタッフ樋熊の50㎞連続3日間の旅⑧ 総括その1
  4. 回復(リカバリー)を考える ⑥ たんぱく質の摂取 その2
  5. 自宅deウォーキング
  6. 競歩初心者講習会でよく聞かれる質問
  7. ウォーカーズ!再放送決定 3月3日10:00~
  8. 歩くことはスポーツだ!②
PAGE TOP