ブログ

2017世界陸上 メダルへの道④ わずか1~2㎝の高さ わずか1~2秒の速さ を求める

アスリートが身体の使い方を求めるとき

わずかな差がメダルを獲れるのか?獲れないのか?

の差を産みます。

 

もちろん一般のウォーキング愛好者の方は、そこまで求める必要はないでしょう

ただ、日本代表として結果を求められる我々は、シビアにわずかな差を求めます。

 

今日のトレーニングは、結果としてはまずまずでしたが

腕振りの肘を引いた時の高さが、終わったあとの動画チェックで「やはり」良い時より

1~2㎝ほど低かったです。

「やはり」というのは、実際に見ていても「若干低いなぁ」というのはアドバイスしましたが

なかなか修正が効き切れず、肘の高さを高くしきれませんでした。

そのわずかなフォームの差が、タイムをわずかに落としたかなぁ、という印象です

 

終わってから動画を、良い時と今回のフォームとを並べる動画を作成し

見せてあげると本人も納得。

次回にはきっちりと修正をしてきてくれるでしょう

 

実は、この動画を並べて、というのは「メール通信トレーニング:動画」ではたまに。

ウォーキングジムパーソナルでも、取り入れてます。

コーチの眼が、コーチの主観だけで判断されているのではなく

動画とすることで、対象者も確認できて納得が出来る

これは効果的な上達につながっています。

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニン…
  2. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期
  3. 速くウォーキングする時に意識したい筋肉
  4. 回復(リカバリー)を考える ③ たんぱく質の摂取
  5. 初心者競歩講習会の「使い方」
  6. 競歩選手 練習前写真から分かること
  7. ウォーキングと大腿四頭筋
  8. 男子20㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017
PAGE TOP