ブログ

ロシアの平昌五輪出場停止に想う

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000000-jij_afp-spo

ロシアが平昌冬季五輪への参加が禁止となりました。

ただ、厳しい条件下のもとに個人の参加は可能になりました。

 

個人的には、「甘い」という印象です。

もちろん、ドーピングをしていない選手もいるでしょう。

その選手がかわいそうだから救済をすべき、というのはわかりますが、

ロシアの場合は、国家ぐるみでドーピングをしている、という点です。

それに対するロシアの自浄作用が働かない限りには無理でしょう。

しかし、国家ぐるみのドーピングを指揮していたロシアのムトコ前スポーツ相が

現時点では副首相まで昇格しているということでは、自浄作用が働いている

とは、到底思えません。

 

つまり、例えクリーンな選手であったとしても、出場が決まりいざ五輪に出るとなったときに

国から、もしくは副首相から

「メダル獲得は必須だ!これを飲めば勝てる」もしくは「ドーピングをしないならそもそも代表として選ばない」

と言われたら、選手としてはドーピングをせざるを得ない、というのは仕方がないことです。

今年の世界陸上でも何名かロシアからの中立国選手、として出場しました。

ただ、選手間ではやはり中立国と言え、ロシアの選手ですから「噂」は絶えませんでした。

 

日本を始め、各国がそうですが本来は、厳しい教育が選手にはされます。

1~3か月毎に、自分のいる場所を報告し、3回その場所にいなかったらドーピングを1回したと

カウントされます。プライバシーもへったくれもありません。

 

ドーピングは割に合わない違反です。

飲むだけ、注射を打つだけ、では決して強くはなりません。

メダリストレベルの練習は必ず必要になります。

それだけの猛練習をして失格する、何とも割に合わないのですが

「メダルを獲りたい」という気持ちは分からんでも無いですが・・・

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 改めて西日本豪雨災害にお悔やみ申し上げます。とともにボランティア…
  2. 楽しむことの「本質」
  3. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  4. 50㎞競歩の凄さ、そして廃止の検討
  5. 「みんなに同じことは、言わない」「みんなに同じことを、言う」の難…
  6. ロンドンより、明日一旦帰国します。
  7. 【座学】ウォーキング&九州階催講習会 参加希望の方はお早めに!!…
  8. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
PAGE TOP