ブログ

スタートラインに立つ、楽しさ

スタートラインに立った時の緊張感は

「立ったことがある人」であれば誰しも多少なりとも経験をしたことがあるでしょう

 

100㎞ウォークでも、競歩の試合でも、ファンウォークにしても

この線を越えたときに、

これから先に待っていること

これから先で起こること

自分の力でどうにかなることも

自分の力ではどうにもならないことも

起こる

 

予測ができないからこその、緊張があり

それが「楽しさ」

 

それは不思議なもんで、どんなに経験を積んだとしても

初めての試合で立った時のスタートラインと

引退試合で立った時のスタートラインと

まるで違いがない。

 

どちらかと言えば、経験を重ねれば重ねるほど、

背負うものが大きくなり、ドキドキしたかもしれない。

 

スタートラインに立つのは、楽しい

楽しいと思えるは、「明確なゴール」があるからだ。

ゴールをするということは「答えが出る」ということ

 

自分のトレーニングが正しかったか、あまり良くなかったか

その答え合わせも「楽しさ」

 

スタートラインに立つ、

その楽しさを、こんな社会状況ですが

多くの人に味わってほしいと思いつつ、その準備をお手伝いできればと思っています

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 山手線ナイトウォーキング 皆様お疲れ様でした!
  2. 皆さんのウォーキングに目標を持たせてくれる!テン6ウォーク、ただ…
  3. 競歩講習会in外苑 2018年6月開催!!やります!!!
  4. トライアル
  5. 山手線1周ウォーキングスタイル
  6. パーソナルトレーニングで、身体の使い方の変化で困っている、と質問…
  7. ウォーカーズ 講習会ではあまりしていないTV番組ならではのことも…
  8. 短い距離をダッシュする方が楽に速く歩け、それよりも長い距離の方が…
PAGE TOP