ブログ

スタートラインに立つ、楽しさ

スタートラインに立った時の緊張感は

「立ったことがある人」であれば誰しも多少なりとも経験をしたことがあるでしょう

 

100㎞ウォークでも、競歩の試合でも、ファンウォークにしても

この線を越えたときに、

これから先に待っていること

これから先で起こること

自分の力でどうにかなることも

自分の力ではどうにもならないことも

起こる

 

予測ができないからこその、緊張があり

それが「楽しさ」

 

それは不思議なもんで、どんなに経験を積んだとしても

初めての試合で立った時のスタートラインと

引退試合で立った時のスタートラインと

まるで違いがない。

 

どちらかと言えば、経験を重ねれば重ねるほど、

背負うものが大きくなり、ドキドキしたかもしれない。

 

スタートラインに立つのは、楽しい

楽しいと思えるは、「明確なゴール」があるからだ。

ゴールをするということは「答えが出る」ということ

 

自分のトレーニングが正しかったか、あまり良くなかったか

その答え合わせも「楽しさ」

 

スタートラインに立つ、

その楽しさを、こんな社会状況ですが

多くの人に味わってほしいと思いつつ、その準備をお手伝いできればと思っています

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  2. 中国遠征で失ったもの
  3. 雪が積もってウォーキングが出来ないとう皆さんへ
  4. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ①
  5. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  6. 【座学】ウォーキング&九州階催講習会 参加希望の方はお早めに!!…
  7. 新型コロナウィルス、運動(ウォーキング)で免疫力を高める方法 な…
  8. 1週間で200㎞歩いても、お医者様に「もっと運動した方が良い」と…
PAGE TOP