ブログ

速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと

現役のときに、インターバル練習をするときは

小田フィールドという陸上競技場でよくおこなってました。

ランナーが多く、良いペースメーカーになるからです。

 

だいたい、400mであれば1’30秒で20本ぐらいは当時は出来ていたので

サブ3くらいのランナーであれば、普通に抜いてしまいます。

(400m1’30だと時速16㎞のペース)

 

抜くときに注意していたのは全力で抜かないこと。

全力で抜くとペースが狂うし、抜かれたランナーが抜き返してきても

結局は400mをゴールする前に抜き返してしまうことがほとんどでした

ですが、当然エリートランナーにはまったく歯が立ちません

それに、ムキになって抜いてしまうと練習にならなくなります。

冷静に、相手と自分との力量を計りつつ、スピードを作る、良い練習になりました。

 

最後の1本だけは、いつも全力で追い込んでいたので、それは楽しかったです。

力を開放する感覚で。

だいたい70~80秒くらいで400m

(今は走っても無理でしょう。。。)

遅いスピードで、ランナーを抜いてもそれほど楽しさは無いですが

これだけのスピードでランナーを抜くと爽快感があります。

 

実は久々に速く歩いてみました。

400mでは無かったですが、100mを何本か。

全力では無かったですが、気持ちよく歩けました。

 

現役のときから思ってましたが、

「競歩でスピードを出す」

それが個人的にはとても楽しいことなのです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩でシューズに求めるべきもの
  2. 擬音で表現して相手に伝えるために
  3. 行橋別府100㎞の1週間前の日曜日が雨で困っている方へ
  4. ウォーキングしながら簡単にフォームチェックできる方法
  5. 出雲駅伝、中止に想う
  6. 競歩でスピードを殺さずに前に進むために
  7. ダイエットにはウォーキングよりも「お手軽競歩」の方が効果的
  8. 腰を持って、押してもらってるイメージで歩いた時に、姿勢はどうした…
PAGE TOP