ブログ

強豪、中国からの招待選手の背中をみて強烈に思ったこと。1995年 アトランタ五輪選考会

選考会を「失格」「優勝」で迎え

最後の選考会、1996年全日本競歩輪島大会

いよいよ、五輪に向けた最後の戦いです。

 

忘備録的に書くと

前日はとにかく表彰されました。

年度初め(4月開催)だったので前年度の結果に対する表彰です。

前年度は20㎞・5㎞で日本記録を出していたので

2-3度ステージに上がり日本記録賞の授与を受けました。

 

そして、当日。

中国からの招待選手が一番の優勝候補、持ちタイムが良かったです。

 

レースは当然、中国選手が中心に試合が展開されます。

必死に食らいつく日本人選手2名という構図

 

2㎞の周回コース、後半になり中国選手は満を持してスパートを

ラスト5㎞でかけてきました。

そこで着いていくか?離れるか?

選考会で優勝してるライバル選手はジワリっと離され始めます。

 

ですが、状況は私にとってはとても不利でした

それは「警告カードがすでに2枚」ついていた。ということ。

当時のルールは、警告カード3枚で失格。

 

中国選手に無理についてさらにフォームを崩せば、3枚目の警告カードが出て

「失格」になります。

最終選考会での失格は、五輪出場は不可能、ということがほぼ確定する

ということです。

 

私も中国選手から遅れて、日本人最先着でゴールを目指せば、優勝は中国選手に譲ったとしても

五輪の可能性は残る。

 

離れて五輪選考争いをするか、優勝争いをするか、の判断を迫られていました。

 

そのとき見つめていた、中国選手の背中は今でも何となく覚えています。

その背中を見つめながら、強烈に思ったのは

「国内で海外の選手に負けて、何が五輪だ!」

つづく

 

Follow me!

関連記事

  1. その2 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ …
  2. J-WAVE 「MAKE ME DAY (3月8日放送)」に出演…
  3. 2017 世界陸上メダルへの道③ 
  4. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
  5. びわ湖100km挑戦ウォーカーから、結果報告メール、ウォーキング…
  6. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  7. しおや100㎞ウォーク 男女で1位
  8. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
PAGE TOP
PAGE TOP