ブログ

靴底が硬いNEWシューズ。けどそれがお気に入り

新しいシューズを購入しました。

普段履き用に購入しましたが、ランニングシューズです。

具体的に何のシューズを買ったかは、とりあえず控えておきますが

基本的に硬めのシューズです。

 

シューズの固めと言っても、どの部分が柔らかいか?ということは購入の際に注意したいポイントです。

 

例えば、ソール(靴のクッション部分)柔らかいのか?

靴底が柔らかいのか?ちゃんと指の部分など

曲がるべきところが、曲がるのか?

という見方もあります。

 

個人的には、ソールも靴底も硬めが好きですし、皆さんに勧めます。

ソールに関しては、以前からちょくちょくblogでも書いているように

柔らかすぎると疲れます。

靴底はなぜ硬い方が気に入っているかというと、

かかと着地をして、つま先に抜けるまでが非常にスムーズだからです。

 

腹筋運動をして、持ち上げた身体をゆっくりと降ろす(背中をつける)には

かなりの筋肉の緊張が必要です。

お腹で上体を支えている時間が長いと疲れる、というのは分かりやすいと思います。

 

つまり、靴底が硬いと前脛骨筋でつま先を持ち上げると硬い靴底がコルセットのような役割をして

スムーズに持ち上がり、降ろすときもサクッと降りてくれます。

(うーむ、皆さんに伝わるだろうか)

気持ち、クッション性が高いですが、靴底の硬さに重宝しています。

Follow me!

関連記事

  1. 寒い時期のウォーキングでファッションで気を付けたいこと
  2. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  3. ベントニー(膝曲がり)で 気を付けること 初心者の動画から学ぶ
  4. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  5. 陸王と現実の実業団とのギャップに想ふ
  6. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  7. 動画付き講習会は、匂い付き
  8. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
PAGE TOP