ブログ

競歩式ランで難しいこととは。。。

競歩式ランは、このHPでの筋電図にもある通り

太ももの前の筋肉を使いません。

 

筋電図を見てもらえれば分かりますが、

ランニング 競歩選手が走った場合の脚筋力の発揮と筋電図

筋電図からもそれが証明されています。

 

簡単にその走りが習得できるか?

と聞かれれば、やはり時間が掛かると思います。

その理由は、皆さんが走るという事に「大腿四頭筋」を使ってきたので

その癖を意識しないようにすることに、苦労するからです。

 

言い換えると、技術的なことはそれほど難しくありません。

ただ、どうしてもいままでの癖が出てしまう

っということです。

 

技術の習得より、今までの自分の癖とどう向き合うか?

そこが競歩式ランのポイントなのかもしれません

Follow me!

関連記事

  1. ランの後でも、太ももの前が筋肉痛にならない方法
  2. 天才は、なぜ?自分は天才なのか、と考えた瞬間に凡人になる
  3. つくば100㎞ウォーク スタッフ樋熊、11時間50分で完歩
  4. 初心者ウォーカーも ベテランウォーカーも 疾患のある方も、冬のウ…
  5. 肌寒くなってきた、この時期にまずは軽いウォンドブレーカーを揃えよ…
  6. ドーピングは、一般の人の方がアスリートより一般的
  7. UWTT(100kmウォーキングタイムトライアル)コース動画
  8. 長文です! 50㎞競歩廃止報道について TV解説者として解説!
PAGE TOP