ブログ

競歩式ランで難しいこととは。。。

競歩式ランは、このHPでの筋電図にもある通り

太ももの前の筋肉を使いません。

 

筋電図を見てもらえれば分かりますが、

ランニング 競歩選手が走った場合の脚筋力の発揮と筋電図

筋電図からもそれが証明されています。

 

簡単にその走りが習得できるか?

と聞かれれば、やはり時間が掛かると思います。

その理由は、皆さんが走るという事に「大腿四頭筋」を使ってきたので

その癖を意識しないようにすることに、苦労するからです。

 

言い換えると、技術的なことはそれほど難しくありません。

ただ、どうしてもいままでの癖が出てしまう

っということです。

 

技術の習得より、今までの自分の癖とどう向き合うか?

そこが競歩式ランのポイントなのかもしれません

Follow me!

関連記事

  1. 山手線の新たな企画
  2. 暑いからこそ、気を付けなければいけないこと
  3. 時速12㎞だと心拍数はランでは?競歩では?どれぐらい???
  4. 最近、飲みすぎなので、来週は自嘲します。。。
  5. ウォーキング 技術、とても73才女性には見えません… 滑らかな膝…
  6. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  7. テン6ウォーキングは、皆さんが思う以上に簡単です!!!
  8. 1年半ぶり 九州に無事に上陸
PAGE TOP