ブログ

楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)が大切

ウォーキング 競歩では必ず一連の動作が起きます。

脚が地面に着き、蹴るという動作です。

それで身体は前に進んでいきます。

 

速く歩くには、この一連の動作の中で、「載せる」(体重を)が

とても重要になります。

これを無くして、「着地」→「蹴る」

だと、どうしても足の筋肉だけに頼ることになります。

※押し出す(踏み出す?蹴る?)は受け手の技術力によって表現が難しいので3つの表現にしてみました

 

それでは、「楽」も「速く」も生み出せません。

 

まずは、ゆっくりで構わないので、この「載せる」(体重を)を

ぜひ、ウォーキング 競歩をする方は意識して欲しいです

Follow me!

関連記事

  1. 座学のすすめ 【座学】ウォーキング講習会
  2. 100kmウォーク 11時間台はすぐそこまで来ています
  3. 74才でも17㎞のトレランで昨年よりも15分タイムを縮める
  4. パーソナルトレーニングで驚かれること
  5. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  6. ウォーキング、と言えど、その人に合った適切な距離と速度がある
  7. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
  8. 雨の日、ズボンへの水はね 対策
PAGE TOP