ブログ

楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)が大切

ウォーキング 競歩では必ず一連の動作が起きます。

脚が地面に着き、蹴るという動作です。

それで身体は前に進んでいきます。

 

速く歩くには、この一連の動作の中で、「載せる」(体重を)が

とても重要になります。

これを無くして、「着地」→「蹴る」

だと、どうしても足の筋肉だけに頼ることになります。

※押し出す(踏み出す?蹴る?)は受け手の技術力によって表現が難しいので3つの表現にしてみました

 

それでは、「楽」も「速く」も生み出せません。

 

まずは、ゆっくりで構わないので、この「載せる」(体重を)を

ぜひ、ウォーキング 競歩をする方は意識して欲しいです

Follow me!

関連記事

  1. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  2. 1年の計は元旦にあり!
  3. 勝利至上主義の本質ってなんだろう。。。
  4. アマチュアスポーツの「叩き方」は難しいです。。。
  5. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  6. ウォーキングは寒さに弱く、ペースが落ちる。効果的な対策は?
  7. 今年読まれたblog記事第3位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  8. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
PAGE TOP