ブログ

ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとするときに大切なこと

かかと着地をウォーキングや競歩で勧めていますが

その際に、つま先を挙げて着地をするように意識しましょう!

っと話します。

 

その時に、多くの皆さんは足の親指に意識が向きます。

つまり、親指を上げることで、つま先を上げる、という動作につなげようとします。

そうすると、シューズの紐をきつく結び過ぎていると、うまくつま先を上げることが出来にくいです。

紐が脚の甲を上から押さえつけるようになるので、可動域が狭くなるからです。

 

紐を緩めてあげる、というのも一つの方法です。

実際には、別の意識の持たせ方もありますが、それはまた別の機会に書きたいと思います

 

Follow me!

関連記事

  1. ダイエットにはウォーキングよりも「お手軽競歩」の方が効果的
  2. GPS精度はここまで向上 ガーミンの場合
  3. 競歩と競歩式の反応の違い
  4. スポーツ楽しむって、いろいろな価値観の中にあります
  5. 多くの試練から「復活」した者の強さ
  6. 真っ赤なシャンプー事件
  7. ウォーキング や 競歩で 動きの効率を良くする初歩的なこと
  8. 100㎞を歩く方、100㎞に挑戦しませんか?初心者の方も100㎞…
PAGE TOP