ブログ

ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとするときに大切なこと

かかと着地をウォーキングや競歩で勧めていますが

その際に、つま先を挙げて着地をするように意識しましょう!

っと話します。

 

その時に、多くの皆さんは足の親指に意識が向きます。

つまり、親指を上げることで、つま先を上げる、という動作につなげようとします。

そうすると、シューズの紐をきつく結び過ぎていると、うまくつま先を上げることが出来にくいです。

紐が脚の甲を上から押さえつけるようになるので、可動域が狭くなるからです。

 

紐を緩めてあげる、というのも一つの方法です。

実際には、別の意識の持たせ方もありますが、それはまた別の機会に書きたいと思います

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞を歩く方、100㎞に挑戦しませんか?初心者の方も100㎞…
  2. 上級 救命講習を受講!
  3. ウォーキング や 競歩 で足だけ使っては歩幅は広がらないし速く歩…
  4. 2017世界陸上ロンドン 20㎞競歩男子 レビュー
  5. その挑戦は決して無謀ではないと、証明できるのは私ではなく皆さんな…
  6. 世論は、選手の気持ちでは無いのです
  7. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  8. この時期のウォーキングでちょっと気を付けたいこと(ウェア編)
PAGE TOP