BLOG

ウォーキングブログ

アジア大会100mに見る、スピードを出すための極意とは?

100mは言わずと知れた陸上競技で最速の種目です。

解説の朝原さんが、ケンブリッジ飛鳥が決勝に残れなかったレースで

「走りが力んでしまいました」

と解説してました。

そして、100mの決勝で山縣選手の走りを見て

「リラックスしてしっかりスピードに乗れていました!」

と解説しています。

 

つまり、スピードを出すというのは最速の種目でも

リラックスが大切なのです。

 

ウォーキング・競歩で、力任せでスピードが出せる

というのは難しいのが良く理解できる100mの結果だったと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 「パーソナルの良いとこってそこですよね!」っと言われた件
  2. UWTT2022 50㎞ウォーク開催しました! 50㎞を信号も無…
  3. 74才(女性)でも前年よりトレランでタイムを縮められた秘密は安鎮…
  4. 箱根駅伝往路は異常なくらいの高速レース それを生み出したもの、そ…
  5. 競歩のモーションキャプチャーから分かること④ 競歩の「速さ」「楽…
  6. 世界陸上ドーハ大会 東京五輪へのスタート地点
  7. その一歩を希望に変えて
  8. 競歩五輪金メダリストが予想する「東京五輪男子20㎞競歩」
<<
PAGE TOP