ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニングへの休養メニュー②

練習をしてきて、「休む」というのは

練習を積めば積むほど、「勇気」のいることです。

ですが、「必要」なことです。

アスリートクラスであれば、「完休」(完全休養)はあまり進めませんが

一般ウォーカーやランナーにはお勧めします。

やはり、練習を積めば積むほど筋肉もそうですが

「内臓・血液系」も疲労します。

具体的には貧血とかオーバートレーニング症候群

この「内臓・血液系」の疲労は、休むのが一番良いのですが

無理すると回復が遅れたり、悪化したりします。

普通に仕事をしている方であれば、車通勤とかでなければ

日常生活でもそれなりに身体も動かすと思うので

「だるい」と感じる疲れを感じたら休みましょう。

そして、持久系トレーニングへの移行期への

休養です。

ここで、しっかりと休養をとって、リフレッシュしないと

持久系トレーニングをしたときに、良い練習ができなかったり

すぐに疲れてしまう、といったことが起きます。

「練習のための、休養」

トレーニングをせずに、しっかりと休むのもトレーニングの一部です。

その意識をもてば、休むのも苦も無くできると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  2. 観客に慰められる…失格は人間ドラマ 五輪・世界陸上、…
  3. 1月12日 21:00放送 NHK‐BS1 ウォーカーズ
  4. 東京五輪 競歩代表の記事から読み解く、メダルの可能性
  5. 競歩のスピードを、どう例えて伝えるか?
  6. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  7. 東京五輪 競歩TV解説します! 三大会連続 五輪参加決定しました…
  8. 回復(リカバリー)を考える② 糖質(お米など)の摂取
PAGE TOP
PAGE TOP