ブログ

100㎞ウォーク(ウォーキング) 身体づくり期から持久トレーニングへの休養メニュー②

練習をしてきて、「休む」というのは

練習を積めば積むほど、「勇気」のいることです。

ですが、「必要」なことです。

アスリートクラスであれば、「完休」(完全休養)はあまり進めませんが

一般ウォーカーやランナーにはお勧めします。

やはり、練習を積めば積むほど筋肉もそうですが

「内臓・血液系」も疲労します。

具体的には貧血とかオーバートレーニング症候群

この「内臓・血液系」の疲労は、休むのが一番良いのですが

無理すると回復が遅れたり、悪化したりします。

普通に仕事をしている方であれば、車通勤とかでなければ

日常生活でもそれなりに身体も動かすと思うので

「だるい」と感じる疲れを感じたら休みましょう。

そして、持久系トレーニングへの移行期への

休養です。

ここで、しっかりと休養をとって、リフレッシュしないと

持久系トレーニングをしたときに、良い練習ができなかったり

すぐに疲れてしまう、といったことが起きます。

「練習のための、休養」

トレーニングをせずに、しっかりと休むのもトレーニングの一部です。

その意識をもてば、休むのも苦も無くできると思います。

Follow me!

関連記事

  1. 速くウォーキングすることと健康診断
  2. 100㎞ウォーク(ウォーキング) 持久トレーニング期
  3. 100㎞、もっと速くなれる!要素 競技者視点で考察
  4. 速さ?距離?どちらの方が レベルアップしたと感じられる?
  5. 50㎞競歩代表 丸尾選手3人目決定!タイムには見えない僅差を制し…
  6. ロンドン五輪 50㎞競歩金メダリスト ジャレド・タレント選手
  7. 男子50㎞競歩 直前メダル 予想 世界陸上 ロンドン 2017
  8. 回復(リカバリー)を考える ⑤ 練習の範囲
PAGE TOP
PAGE TOP