ブログ

初心者こそ ウォーキング・競歩で、動画を撮りたい理由

フォームを動画で撮る、のはとても大事です

初心者こそ、動画で自分のフォームが確認できれば

早い段階で、自分のフォームの癖を修正できることができ

ウォーキングがかなり楽に出来るようになります。

 

しかし、ある程度ウォーキングをしてから治そうとすると

つい自分のフォームの癖に頼る動きになってしまったり

歩くというのは日常的なことなので、よっぽどしっかりと意識をし続けないと

元に戻るのも早いです。

 

そして、その癖が「悪癖」であれば、その感覚が身についているので

せっかく自他ともに認める良いフォームに修正ができて動画に収めても

良いフォームの時の感覚と、自分の癖のあるフォームの時との感覚のギャップが大きく

「確かに良いフォームなんだけど、良いフォームの時の感覚が良く分からない」

となる方もいます。

 

自分の感覚もいい!そして、動画のフォームも良い!

という、自分の感覚と実際のフォームのギャップを早い段階で埋めることが出来れば

上達は一気に早くなります。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング人口 4000万人に想う
  2. 東京エクストリームウォーク 装備&給水はどうしたか?  試し歩き…
  3. 「出来ない!とは言いたくなかった」榮さん(100㎞ウォーカー)と…
  4. 競歩五輪金メダリストが予想する「東京五輪男子20㎞競歩」
  5. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
  6. ウォーキングは身体への負担が極端に少ない なのに痛いは確実にフォ…
  7. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
  8. 60-70代からこそ「楽に」「速く」歩ける!挑戦するものに「道」…
PAGE TOP
PAGE TOP