ブログ

初心者こそ ウォーキング・競歩で、動画を撮りたい理由

フォームを動画で撮る、のはとても大事です

初心者こそ、動画で自分のフォームが確認できれば

早い段階で、自分のフォームの癖を修正できることができ

ウォーキングがかなり楽に出来るようになります。

 

しかし、ある程度ウォーキングをしてから治そうとすると

つい自分のフォームの癖に頼る動きになってしまったり

歩くというのは日常的なことなので、よっぽどしっかりと意識をし続けないと

元に戻るのも早いです。

 

そして、その癖が「悪癖」であれば、その感覚が身についているので

せっかく自他ともに認める良いフォームに修正ができて動画に収めても

良いフォームの時の感覚と、自分の癖のあるフォームの時との感覚のギャップが大きく

「確かに良いフォームなんだけど、良いフォームの時の感覚が良く分からない」

となる方もいます。

 

自分の感覚もいい!そして、動画のフォームも良い!

という、自分の感覚と実際のフォームのギャップを早い段階で埋めることが出来れば

上達は一気に早くなります。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 行橋別府100㎞が中止になって届いたメール
  2. 1年の計は元旦にあり!
  3. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  4. 日本中に競歩を知ってもらう旅 シューズは何足履き潰したか?どのメ…
  5. 雨の日、ズボンへの水はね 対策
  6. 正しいトレーニング、間違ったトレーニングの見分け方
  7. ウォーキングジムパーソナルでランで受講されている方がいます。ラン…
  8. 箱根駅伝往路は異常なくらいの高速レース それを生み出したもの、そ…
PAGE TOP