ブログ

「たまには一緒に外を歩いてみませんか?」

運動をすることは、健康寿命の延伸につながります。

これは、多くの方が「なんとなく」知っていることです。

 

運動をしている人は、その副産物で得られる健康が

当たり前なので、あまり気にも止めない方が多いでしょう

しかし、運動によって得られている健康はかけがえのないものです。

 

コロナ自粛で運動機会が少なくなったり

今までしていた運動習慣がなくなったり

そもそも、コロナ前からそれほど運動はしていなかったけど

更に運動をしなくなった、という方は多いでしょう。

 

年齢によっては「今更」とか

もう年齢も年齢なので「運動」は。。。

っと敬遠する方も多いでしょう。

 

ですが、いつから始めるか?は問題ではないですし

だからといって、運動をやらない理由には本来はならないのですが。。。

ご自身の健康のために、いつまでも自分の足でどこにでも行ける幸せを得るために

運動(歩く)した方が良いのです

 

何も難しいことや大変なことから始める必要はなく

出来ることから、少しづつ始めればよいのです。

 

散歩でも、家の階段の上り下りでも、なんでもできることから。

 

無理さえしなければ、身体を動かすことは良い方向に向かうことはあれど

悪い方向に向かうことはありません。

 

ですが、

運動をしなければ、悪い方向にしか行きません。

衰えていく自分を待つだけになります。

 

今更。。。、っと思わず

ぜひご自身の出来る範囲で、「無理なく」運動をしてほしいと思います。

 

運動(歩く)をされている方は、折をみて運動されてない方を

無理のない範囲で誘ってほしいなぁ、っと思います。

「たまには一緒にのんびり歩いてみませんか?」

そんな声かけから始められれば良いのでは、っと思います。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  2. 朝の情報番組「ZIP」に出ます、まだ先ですが…
  3. 打倒!手越くん!その機会は果たして来るのか!
  4. 大阪での「想い」を、まずは行動してみました。
  5. ランによる膝への負担を、「競歩」の技術で減らす
  6. 水分を摂ってもトレーニング後に水分を摂りたくなる・水のシャワーを…
  7. 続 速くウォーキングしたい人に世界陸上で観て欲しい 選手の身体の…
  8. 74才でも17㎞のトレランで昨年よりも15分タイムを縮める
PAGE TOP