ブログ

痛みから知ろう!

ランニングやウォーキングや競歩で、脚が痛くなる

ということをネガティブに捉える方は、多いでしょう

しかし、「痛み」はたくさんを教えてくれます。

 

動きの無駄、力任せな動作、適切でないスピードや練習量(負荷)

が、あるからこそ、痛みにつながるのです。

もちろん、全てが上記の3つが要因、とは言いませんが7割がたは

この3つが起因していると思います。

 

ただ、動きの無駄が無くなれば、スタミナロスが防げます

力任せの動作が無くなれば、「楽」が生まれます。

適切でないスピードや練習量が改善されれば、無駄な疲労をためる必要もありません。

つまり、効果的なトレーニングができます。

 

怪我は、何をどう改善すれば良いのか?を教えてくれるのです。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩と競歩式の反応の違い
  2. 膝痛持ち 変形性膝関節症のウォーキング愛好家に読んで欲しいblo…
  3. 感度を上げれば、フォームが良くなる
  4. 100㎞ウォーク 初心者もベテランもレベルアップしていく時代にな…
  5. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  6. 世界陸上ドーハ大会 男子20㎞競歩 予想
  7. パーソナル受講者の ヒップアップ が ウォーキングで可能になった…
  8. 日大アメフト問題、スポーツも被害者。。。
PAGE TOP