ブログ

ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から

 

ウォーキングで速いペースを身に付けようと考えたときに

まず、しなければいけないのは、

「短い距離で良いから、目標とする速いペースでウォーキングできるようになる」

ということです。

これが出来なければ、話になりません。

本当に短くて構いません。まずは100mくらい。

 

そして、100mくらいを速くウォーキングをしたときに、

その時の「身体の感覚」を整理します。

どこに力が入っていた?どこの力が抜けていた?どこが一番疲れたか?

これをすることで、速さを生み出しているときに、どこに「無駄」があるのか?

を洗い出していきます。

 

例えば、「肩に力が入っている」という感覚が、速くウォーキングしたときに

あったのであれば、「肩の力を抜いてウォーキングしてみる」ということです。

こうして、動きの無駄な部分を削ぎ落していけば、いいのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 桃源郷ウォークに行ってきました
  2. 「パーソナルの良いとこってそこですよね!」っと言われた件
  3. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
  4. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  5. ウォーキング・競歩の歩く技術、「うまく出来ない!」という言葉に思…
  6. 1996年に伝えられたジョルディ氏による 競歩のためのドリルトレ…
  7. 骨盤を安定させると「脚」が楽になる 60代女性 変形膝関節症の方…
  8. 【ウォーキング】マラソンで、「歩く」という武器があるということは…
PAGE TOP
PAGE TOP