ブログ

ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から

 

ウォーキングで速いペースを身に付けようと考えたときに

まず、しなければいけないのは、

「短い距離で良いから、目標とする速いペースでウォーキングできるようになる」

ということです。

これが出来なければ、話になりません。

本当に短くて構いません。まずは100mくらい。

 

そして、100mくらいを速くウォーキングをしたときに、

その時の「身体の感覚」を整理します。

どこに力が入っていた?どこの力が抜けていた?どこが一番疲れたか?

これをすることで、速さを生み出しているときに、どこに「無駄」があるのか?

を洗い出していきます。

 

例えば、「肩に力が入っている」という感覚が、速くウォーキングしたときに

あったのであれば、「肩の力を抜いてウォーキングしてみる」ということです。

こうして、動きの無駄な部分を削ぎ落していけば、いいのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. ゾーンに入る、フィギュアスケート羽生結弦選手を見て想う ウォーク…
  2. 運動初心者の女性で3㎞競歩から転向して、僅か2ヶ月で初ハーフマラ…
  3. 「失敗もして、成功もした」ということが成功体験
  4. 世界競歩チーム選手権の金メダルを手にしました!
  5. youtube 65-77歳から競歩の歩き方  スポーツとして「…
  6. トライアル
  7. 時速7㎞以上で歩いても、景色はのんびり見れます。
  8. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
PAGE TOP
PAGE TOP