ブログ

ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から

 

ウォーキングで速いペースを身に付けようと考えたときに

まず、しなければいけないのは、

「短い距離で良いから、目標とする速いペースでウォーキングできるようになる」

ということです。

これが出来なければ、話になりません。

本当に短くて構いません。まずは100mくらい。

 

そして、100mくらいを速くウォーキングをしたときに、

その時の「身体の感覚」を整理します。

どこに力が入っていた?どこの力が抜けていた?どこが一番疲れたか?

これをすることで、速さを生み出しているときに、どこに「無駄」があるのか?

を洗い出していきます。

 

例えば、「肩に力が入っている」という感覚が、速くウォーキングしたときに

あったのであれば、「肩の力を抜いてウォーキングしてみる」ということです。

こうして、動きの無駄な部分を削ぎ落していけば、いいのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 意外に皆さんが苦労する ウォーキング や 競歩のテクニックとは…
  2. 山手線1周ウォーキングスタイル
  3. 東京エクストリームウォーク コース難所。。。 参考になる人となら…
  4. 時速12㎞のハイスピード ウォーク(競歩)での 100kmウォー…
  5. 人生の中で「感無量」っと感じた経験は何回ありますか?
  6. 速く、楽に、ウォークする、、、できますか?
  7. 膝への負担を少なく走る!競歩式ランの事例紹介やります
  8. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
PAGE TOP