BLOG

ウォーキングブログ

五輪のスタート時間は誰のもの?

フィギアスケートが随分と中途半端な時間からスタートします。

これは、アメリカで人気のあるフィギアスケートが

アメリカで見やすい時間帯での放送になるようにへの配慮です。

 

スキーのジャンプや複合の決勝が夜遅くに放送されるのも

これらの競技がヨーロッパで人気があるので

見やすい時間帯になるようにへの配慮です。

 

ある解説者が「選手ファーストでなくてこんなことはあってはならない」

とコメントしている方がいました。

 

果たしてそうなのか?

っと、個人的には思います。

 

もちろん、自分の最高のパフォーマンスを見せたい

というのは選手の心理です。

しかし、それを多くの人に見てもらいたい、と思うのも選手の心理です。

選手が自分さえ良いパフォーマンスが出せれば良く

誰かに見られることを意識しないのであれば

何も試合に出る必要は、極論ですがありません。

 

誰かに自分のしてきたことを伝えたい

自分の努力がどれほどのものなのか?同じ志の者同士切磋琢磨したい?

その気持ちが、選手を強くしてくれる

 

競技時間帯が夜になろうと早朝になろうと、とるに足らない事です。

 

Follow me!

関連記事

  1. 冬のウォーキングで寒さ対策で実際に着ているウェアの解説
  2. 【パーソナル】30㎞で疲労感を感じない、【メール通信】62才で自…
  3. 歩くのが苦手な方へ、競歩の「歩く技術」は、歩くのが苦手な方にも使…
  4. 行橋‐別府100㎞でタイムのため考えなければいけないこと 100…
  5. 東京五輪マラソン東京コース 4時間46分01秒で歩く 装備&給水…
  6. 競歩の周回コースへの素朴な疑問に回答しました
  7. 世界陸上ドーハ大会 東京五輪へのスタート地点
  8. 簡単に楽に速く歩ける方法 1000人を抜いて感じたこと
<<
PAGE TOP