ブログ

五輪のスタート時間は誰のもの?

フィギアスケートが随分と中途半端な時間からスタートします。

これは、アメリカで人気のあるフィギアスケートが

アメリカで見やすい時間帯での放送になるようにへの配慮です。

 

スキーのジャンプや複合の決勝が夜遅くに放送されるのも

これらの競技がヨーロッパで人気があるので

見やすい時間帯になるようにへの配慮です。

 

ある解説者が「選手ファーストでなくてこんなことはあってはならない」

とコメントしている方がいました。

 

果たしてそうなのか?

っと、個人的には思います。

 

もちろん、自分の最高のパフォーマンスを見せたい

というのは選手の心理です。

しかし、それを多くの人に見てもらいたい、と思うのも選手の心理です。

選手が自分さえ良いパフォーマンスが出せれば良く

誰かに見られることを意識しないのであれば

何も試合に出る必要は、極論ですがありません。

 

誰かに自分のしてきたことを伝えたい

自分の努力がどれほどのものなのか?同じ志の者同士切磋琢磨したい?

その気持ちが、選手を強くしてくれる

 

競技時間帯が夜になろうと早朝になろうと、とるに足らない事です。

 

Follow me!

関連記事

  1. 日本中に競歩を知ってもらう旅④ 北海道、一番大変だったことは。。…
  2. スポニチフォーラムにパネリストとして参加してきました!
  3. ウォーキングを上手になろうと思う方が、まず最初にすべきこと
  4. マスクは高地トレーニングの代わりになるか?
  5. 延期を前向きにとらえたい、、、「2020+1 東京日本五輪」
  6. 高地トレーニングについて の雑記
  7. スポーツ科学をどう捉えるか?
  8. テン6ウォーキングは【競歩】のレースではありません!
PAGE TOP