ブログ

報道されないなら、どうすれば良いのか考える

4月の合宿では、メディアに練習を公開したときに

多くのメディアが参加して、取材おこなわれました。

中国に向かう際の羽田空港でも多くのメディアが囲み取材をしました。

 

そして、結果は皆さんご存知通り、男子20km男子50kmでWで個人・団体ともに

金メダルでした。

 

さぞ、報道されるだろうと、当日のスポーツニュースをなるべくチェックしましたが

TV媒体ではまったく(柳澤調べ)報道がされませんでした。

 

ネットに関しては、いろいろと検索を掛けてみると、新聞やNHKのネットニュースで

取り上げられ、ヤフーニュースでは短い時間ではありましたがトップニュースになを連ねていました。

(しかし、それは50km競歩だけ、20km競歩はなし)

 

これは大きな課題です。

結果を出しても報道されない。

これでは競歩をメジャーにするどころの話ではありません。

 

ただ、メディアは集まっています。

 

このことをどう関係者は捉えているのかなぁ、っと思います。

もちろん、発信の努力はしているとは思います。

いろいろな試みをしているのも知っています。

 

しかし、結果として報道量があまりにも少ないです。

 

SNSで賑わえばいい、という話ではありません。

ビジネス的にいえば既顧客だけで盛り上がり、新規顧客が入ってこない構図です。

これでは、マーケットが広がりません。

 

新規顧客をいかに取り込むか?

親和性の高いウォーキングやランニングに対する「レースウォーク(競歩)」のPRを

まずはしっかりとしていく。地道ですが、その努力をし続けたいと思います

Follow me!

関連記事

  1. 回復(リカバリー)を考える ⑤ 練習の範囲
  2. 競歩の歩き方 74才女性でも綺麗な競歩で歩けます
  3. イチロー選手の領域、男子20㎞競歩 山西選手・男子50㎞競歩 鈴…
  4. メダリストたちのオーストラリア合宿がスタート
  5. 人生初の警視庁 心に残ったこととは。
  6. トップアスリートが真剣な大会なのに超ゆっくり歩いてくれている貴重…
  7. 東京エクストリームウォーク 事前確認をしておきたい曲がるポイント…
  8. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
PAGE TOP
PAGE TOP