BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング 競歩 で、フォームの上達は速さを「実感しない」事

皆さんはどういうときに、速くなったと感じますか?

時計をみて、タイムが縮んだ時、というのが多くの方の意見でしょう。

私もそれが正解だと思います。

 

しかし、多くの方は歩いている(競歩している)最中に、「感覚として」

速くなったと感じたい!と思うものです。

ただ、根本的に大切なことは、感覚として速くなったと感じることではなく

タイムが縮んでいることです。

どんなに感覚的に速くなったと思っても、実際にタイムがそういうタイムが出ていない

のであれば、「速くなった気がした」だけにすぎません。

 

講習会やパーソナルで、皆さんに速くなった!と感じて欲しいと思っていません。

ちょっとフォームを気を付けただけで、気が付いたらペースが上がっていた。

これが、ベストです。

スピードを上げようとして、スピードが上がるのは当然のことです。

 

ですが、フォームの事を意識して気が付いたらスピードが出てたは

動きの効率化されている、ということです。

ですから、「速くなった!」っと速攻で感じたときは

本当?っと疑うことをおススメします。

Follow me!

関連記事

  1. 腕振りの無くて七癖、腕振りは左右バランスよく振りたい
  2. 骨粗鬆症 にとって本当に効果がある ウォーキング 方法を検査結果…
  3. NHKグッドスポーツに声だけ出演しました!
  4. 女子マラソン、19年ぶりの日本記録更新! 競歩TV解説者が思うこ…
  5. シュワルツェネッガーさん「無意味な戦争の犠牲に」 ロシア国民へ動…
  6. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  7. 何年も速く歩き続ける為に
  8. 箱根駅伝往路は異常なくらいの高速レース それを生み出したもの、そ…
<<
PAGE TOP